ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>    過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】 当店の店頭販売は土曜日と祝日のみです。平日のご訪問は前日までのご予約が必要です。日曜定休(カレンダー参照)

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
プライスダウン

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2019/06/22

H.teshima

レストアアンバサダー(サイドプレートを主体にした)パーツセットの販売は週明けの月曜日にいたします。時間はまだ未定とさせてください。(予告による集中混雑やほか業務の進行状況にもよるため)
週末の予報の雨も降らず、、福岡は史上もっとも遅い梅雨入りになりそうです。雨の地方が羨ましいけど、これからの梅雨末期の豪雨がさらに合算されたドカ雨も怖いのです。千島列島の噴火など毎年なにも変化のない年はもう来ないと思います。よし、強く生きてこ!皆様もいい週末を。

2019/06/21

スタッフ コーヘイ

遠征最終日の夕方、日が暮れるギリギリまで粘って投げ続ける釣り人の中に、当店のお客様である岡村様がいらっしゃいました。単身、届いばかりの「ルイノス・ヒューチェン」を片手に初めてのイトウ遠征。 この時、ご自身もまだ釣れてなかったにも関わらず、僕達のため、なんと集めた情報を教えに駆け寄ってきて下さいました!(感動)貴重な情報を頂いたお礼にと兄が手持ちのジグミノー「ヌーベルバーグ」をプレゼント。ここから流れが一気に彼のものに。まずは丸々太った海サクラがヒット!続いて、ガツン!!グワン!グワン!と強烈な魚信! 激しいスイングとズッシリとした重み。数分にわたるファイトの末、上がってきた初めてのイトウ。しばし放心の後「釣った…」と一言。独りで情報を集め、最後まで決して望みを捨てず、信じ続けたイトウへの熱い思いがこの一言に詰まっていたように思います。 お届けしたばかりのロッドで手にした初イトウ。そしてこの笑顔。この地で偶然出会い、その一部始終をこの目で見せて頂けたこと、心から嬉しく思いました。改めて本当におめでとうございます。 そしてタイムアップ。兄の口からは「終わった…」と一言。自分が手渡したルアーで、真横で釣られてしまったイトウ。岡村様をうらめしそうに横目で見ながら何度も「オ、オレのイトウが…オレのイトウがー!!」と嘆いていました(笑) 今回兄は残念ながらイトウと出会う事はできませんでしたが、新たに「ルイノス・ヒューチェン」をオーダー。(ありがとう!!)すでに来年に向けて闘志を燃やしているようです(笑)苦戦した分、釣れた時には喜びも大きいはず。来年は必ずイトウを抱いて写真を撮ろうね!!

本日の道具

2019/06/21

H.teshima

僕が言うところのレストアアンバサダー2500Cとはアメリカのサイモンさんが「バイオニック」や「リバイバル」と様々に言っているものと同じです。特にサイドプレートはこうした傷の多いカップをサンドブラストを施し、傷を目立たなくして再度アルマイトすると言うものです。ですからデメリットとしては「刻印が薄くなる(消えることもある)」や「深い傷は消えていない」などがあります。

もうじきに販売を予定しているパーツセットはこうしたレストア品であることを理解の上、ご注文下さいますようお願いします。
なお、フレームも一旦メッキを剥がして再びメッキするのですが、肉厚になってネジが入りづらかったり、曲がっていたりと、いざ仮で組んでみると、セットが合わなくて、組み合わせを変更して、再度修正したりとかなり難儀しています。販売を待つ声が多くて急ぎたいですが、手に取った方がある程度の年代と合わせても組めるよう今日はフレームやネジの再調整を行ないました。販売はもう少しお待ちください。
この作業、地味ですが思った以上に時間がかかります、しんど・・・・

2019/06/21

スタッフ シゲ

【G20大阪サミット開催に伴う商品配送への影響について】

6月28日(金)・29日(土)のG20大阪サミット開催に伴い、6月27日(木)~30日(日)の4日間、大阪市内や空港周辺を中心に大規模な交通規制が実施されます。

そのため、大阪府(全域)へのお届けは、6月26日~30日指定配達・時間帯指定をお受けすることができません。(お買い物手続き上ご指定はできますが、無効とさせていただきます。) 上記期間中及び7月1日〜7月3日は、大阪府の他、主に関西地域で商品のお届け日時に遅延が発生する可能性がございます。

お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご了承いただきますようよろしくお願い申し上げます。

2019/06/20

スタッフ コーヘイ

実は今回、初遠征の兄と一緒に訪れた北海道。街並み、植物、食べ物。全てが九州とは違って新鮮!そして道中出会ったキツネにいたく感動していました。(確かに九州ではまず見ないもんな…) シムスFSウェーダーにルーカステイラー、テイク&サンズの別注ベストで完全武装、いざフィールドへ。
ムム!離れた兄をチラッと兄を見ると、なにか掛かった様子!カメラを持って走る、走る!!!北海道初となる魚信、果たして兄の竿を曲げた(正確にはティップだけ)魚の正体は…. ナンジャソリャー!!!見たことありそうで…ない。笑 ググるとどうやら「ヌマガレイ?」とな。「ナンデ俺だけカレイなんや!苦笑」しかし九州では釣れない魚。これも貴重な旅の思い出だよ兄さん!笑 気を取り直して場所移動。今度は雨鱒狙い。水面で揺れるMP145にバシャガボッ!!!掛かるやいなやグイグイギューン!!と猛烈なファイト。「今度こそ鱒や!鱒やー!!」と大はしゃぎ! 大きな白点にクリスタルのような背ビレ、しっかり分厚いパンパンのボディ。いや、美しい!! こんな魚が水面で何度も何度も炸裂するんですから、面白すぎます。ロッドはソルティスペイサイドSSP97ZHS(旧モデル:ブラックスパルタン)。 この日僕は釣れなかったものの、翌日リベンジ!!このサイズにしてなんてパワフルな引き。イトウ釣りに来たんだけど、これも主役級の面白さ!イカンイカン、本命のイトウも頑張らねば!!! つづく

本日の道具