ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  コーヘイのブログ   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】 当店の店頭販売は土曜日と祝日のみです。平日のご訪問は前日までのご予約が必要です。日曜定休(カレンダー参照)

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
プライスダウン

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2019/10/09

スタッフ コーヘイ

もともと機能ウェアとして進化を続けてきたフリースに、クラシカルさを求めるべきではないのかもしれませんが、時には趣のある一枚があってもいいと思います。しかし、フリースを名乗るからには機能的でもあってほしい。 テイク&サンズの「HunterCamo FleeceJacket」は、フリースの内側に水を弾き落とす3レイヤーフィルムを挟み、裏地にはムレを防ぐメッシュを張り巡らせる事で、「機能」と「趣」を両立させることに成功しています。実際、コットンシャツやウールハットにも似合うフリースジャケットって中々無いものですが、これはしっくり来る。違和感がないのです。 黒い部分は普通のコットンに見えますが、実はコーデュラナイロンを織り交ぜた超耐久生地。背中には、このブランドのアイコンでもあるループ&リングと、ライフル弾のアクセサリーがつきます。これは30口径クラス歩兵銃弾薬で、なんと使用済みの実物なんだとか!(たしかに少し焦げてる・・・) 裏地のメッシュは、人間同士の誤射を防ぐ意味合いを持つ「ハンターオレンジ」を採用。弾薬しかり、実際にハンティングを嗜むデザイナー山沢氏ならではの発想です。 軽量、コンパクト、機能最優先という現代のアウトドアウェアとは全く異なるフリースジャケット。だけどエベレストに登るような極限のトータル性能は誰もが必要なものではありませんし、常時必要でもありません。そして機能だけでは語れない世界が「洋服」にはあると思います。「アーバン・アウトドア」まさにそんな言葉が似合う一枚です。

本日の道具

2019/10/03

スタッフ コーヘイ

テイク&サンズが考える、アウトドアマンのためのジャケット。その名も直球ど真ん中「Outdoorsman Jacket」。昨今のウルトラライトという考え方なんて気にも止めないこの重厚感。男が着るジャケットはこうであってほしい!!というデザイナー山沢氏の願いがこれでもかと溢れ出た仕上がりです。 とにかく凄いのはその作り込み。まず目に飛び込んでくるのは、そのポケット数。まさしく歩く道具箱です。正直、こりゃもう確実にバッグが要りません(笑) フロントの色が違う部分はそれ自体がポケットに。さらにその中には内側のポケットに繋がっている巨大なジッパーポケットがあります。手が込み過ぎです…(汗) 本体のヘビーキャンバス生地、ポケット部分のリップストップ生地、オリジナルのドーナツボタンに、厳ついNo.10ファスナー等々、凄まじい構成。それでもどこか品があって、クラシックなのに「今」を感じるのは、パリのメゾンでパタンナーをし、日本でテーラリングの全てを学んだ山沢氏ならではだと思います。 背面だってもちろん抜かり無し。テイク&サンズの象徴とも言えるリング付きのループとビッグポケットを装備。フロントのインパクトをまとめるには、これぐらいの背中が必要です。 その異常な拘りは誰も気付かない裏面でも発揮。長年の使用を考え、要所に補強を入れる徹底ぶり。とにかく「普通のブランドでは絶対にやらないだろうな…」の塊のようなジャケット。こんな一枚を着て、焚き火を囲み、ゆっくりとコーヒーでも飲んでみたいですね。

本日の道具

2019/10/01

スタッフ コーヘイ

アウトドアマンって、なぜかみんな折りたたみ椅子がだ〜い好き。(笑)たしかに、車に積んで持ち運べるし、家に置いてても邪魔にならないから、便利で頼りになります。サッと広げて座れば、それこそちょっとした読書にも最適。 軽量&コンパクトなだけのチェアは世の中いくらでもありますが、道具としての質感まで求めると、丁度良い物を探すのは中々難しいもの。そこで見つけたのが、このペンドルトン×アディロンダックの「カスタムスツール」。 素材には、かの巨匠ハンス・J・ウェグナーのYチェアを始めとする北欧家具の代表的素材でもある「ビーチ=ブナ材」を使用。シンプルで主張しすぎない杢目はどんな座面とも相性抜群。またキメが細かく肌当たりがとても良いウッドです。 座面にはペンドルトンの代名詞である良質な毛織物を使用。色彩豊かな民族調の織り柄も個性的です。裏面はコットンキャンバスを組み合わせて抜群の耐久性も持たせてあります。 脚部分には、A&Fのオリジナルファニチャーブランドである「アディロンダック」の焼印が入ります。この良質な素材の組み合わせとダブルネームで13,500円(税抜)という手頃な価格も魅力的。1つ置いておくだけで、場の雰囲気がグッと良くなるオシャレかつ実用的なスツールです。

本日の道具

2019/09/26

スタッフ コーヘイ

インスタ映えを狙って撮影スポットでパシャリ!先日、JR博多シティ内で行われている「世界を変えた書物展」に行ってまりました。 アインシュタイン、エジソン、ガリレオ、ダーウィン、コペルニクス、グラハム・ベル、ケプラーなどなど、古くは1400年代から近代までの錚々たる書籍の初版本を展示するという、あまりにコア過ぎる内容・・・(笑) こちらは電話機を発明した「アレクサンダー・グラハム・ベル」の電話に関する研究本。まさか自分が発明した電話機が140年後にスマホとなり、今それで著書が撮影されているなんて、夢にも思わないでしょうね。 もちろんインターネットが無かった時代、この偉大なる本たちが文字通り世界を変える情報源だったのだと思います。印刷の文字一つ見ても、その製本を見ても、並々ならぬ情熱を持って造られてきたであろうことが伝わってきます。僕たちカスケットのHPはかたちのないインターネット上にありますが、その情熱は過去の偉大な書籍達にも負けないつもりで日々頑張っています。そしてそんな”本気”なお店でありたいと常に思っています。

2019/09/24

スタッフ コーヘイ

【業務連絡】
「完成品ブランク」をご注文頂きました全てのお客様へのご返信が本日完了しました。メール内容に納期予定を記載させて頂いております。ご確認下さいませ。なお、ご予約頂いたのに返信メールが来ていらっしゃらない場合は「メールエラー」などになっている場合がございますので、ご連絡頂けますと幸いです。何卒宜しくお願い致します。