ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  コーヘイのブログ   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2020/10/21シムス・エクストリームジャケット

スタッフ コーヘイ

SIMMS秋冬の新作の中でも個人的に最も驚いた商品が「EXSTREAM JACKET」。パッと見では、よくある「薄手のダウン系」なのですが、そこには革新的な技術が詰め込まれているのです。中綿は、羽毛に代わる人工素材として開発された「プリマロフト」の最新バージョン「プリマロフト・シルバー・サーモプリューム・ブロワブル・ウィズ・クロスコア」という、とてつもない名称の物を採用しています。(笑) 過去のブログでも触れたことがありますが、「クロスコア・テクノロジー」というのが、99%が空気で、凍った煙とも呼ばれる地球上最軽量の個体『エアロゲル』を、従来のプリマロフトに融合させたもの。繊維そのものが空気層を持っており体からの熱を直接蓄える能力が有るため、抜群の保温力を発揮する上に超軽量、おまけに潰れても復元する能力が高く、撥水性まで備えているそうです。 そして「サーモプリューム・ブロワブル」というのが新テクノロジー。これまで化繊中綿といえばシート状が大半でしたが、これは「羽毛」のような形状の個体の集合体。早い話が、ついに人工素材で「羽毛」を作り出すことに成功したと言えるのです。軽さや保温力は、勝るとも劣らぬ性能を持ち、濡れることで保温性を失う羽毛と違って、保温性を維持するというのですから、もう死角なしと言えます。業界ではすでに「ついにダウンを超えた」と言われているこの素材。いち早く採用したSIMMSの開発陣には頭が下がります。 もう一つすごいのが、このボディ部分のステッチ。いや、正確にはステッチではありません・・・縫ってはいないのです。縫製をなくすことで、糸も針穴もない。つまり極めて水を吸いにくく、軽量化にも繋がっています。 袖口の素材も地味〜に進化。これまでのような生地によるパイピングではなく、やや硬質なテープ状のものに変わっており、格段に耐久性がありそう。一見するだけではとてもわかりませんが、実は恐ろしく進化を続けているのがSIMMSの中綿ジャケットなのです。

本日の道具

2020/10/12フライリールブランド再始動計画

スタッフ コーヘイ

14年前の2006年〜、代表の手島がバスフライを熱心に進めていた頃。(エイ出版(宮澤さんの記事)誌で掲載されたいた頃から僕は見ていました。)そしてその当時に企画&販売を行っていたオリジナルフライリールブランドがありました。その名も「Leading Edge」今、このブランドを僕が復活させようと企画しています。 リーディングエッジは手島が名付けたブランド名ですが、航空機における”翼”の先端部分を指す名称です。この曲線が、あたかもフライラインを飛ばす理想的なループ形状のようであることから名付けられました。 またこのリールの製作者を知るマニアックな方なら、このネーミングに大きく頷いてしまうに違いありません。 さて、現代のフライリールは巻きグセのつきにくさ、巻き取りの速さを優先し、どれもラージアーバー化していると言えます。だから日本渓流で頻繁に使用する定番手ショートロッドに、似合うスタイル、サイズ感を持つものが非常に少ない。 往年の名機のような風格がありながらも、現代のグラスロッドやグラファイトロッドにも合わせられるようなスタイリングの小型渓流サイズ。そんなトラウトリールを目指して現在試作中、もうじき完成予定です。つづく

2020/10/08コンクルージョン紹介〜その6

スタッフ コーヘイ

明日販売のコンクルージョンより「花梨瘤」の2本をご紹介します。その華やかさと美しさから最も広く知られており、銘木界を代表するといっても過言ではない樹種。米国では「Amboyna:アンボイナ」と呼ばれ、カスタムナイフやガンのグリップ材として人気があります。 中でも「橙白」や「紅白」と言われる2色を有する部位は、材全体の極一部しか取れないことから、非常に希少で1度は所有したいと思わせる迫力を持っています。 「白」と呼ばれるこちらは、花梨瘤材の周辺部分のみしか存在しない白太の瘤。樹皮に近い部分であるだけに、外からの菌に侵される事も多く、それゆえ模様の出方がトリッキーで個性的。余談ですが、さらに侵食比率が高いものが「青白」と呼ばれる部位です。 2本とも、フレームには「メーザリー」を使用。和名を「鉄刀木:タガヤサン」と言い、その硬さと重さはまるで「鉄の刀」のようである事からその名がついたと言われる唐木三大銘木の一つです。

2020/10/07コンクルージョン紹介〜その5

スタッフ コーヘイ

10月09日販売予定のコンクルージョンの中から内径23cmの「シャム柿・極上」をご紹介します。その名前から「黒柿」と比べられますが、魅力は全くの別物。黒柿が東洋の水墨画なら、こちら「シャム柿」は西洋のドローイングのような美しさ。意思を持って描かれたような模様は、見れば見るほど摩訶不思議なものです。 別名バイオレットウッドとも呼ばれ、世界で唯一天然で紫を発色する銘木。その美しいスミレ色と導管のきらめきは、ウッドでありながら鉱石アメジストのよう。 面白い事に、削りたての時は「茶褐色」をしているのに表面が空気に触れる事で変化し、この紫色を発色するのだそう。経年で色は更に変化してゆき、パープル→ダークパープル→パープルブラウン→ダークブラウンへ。 一見しただけではその魅力の全てが分からないのが奥深き銘木の世界。これを手にした方はすでに、銘木沼の入り口に立っているのです。