ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  てしまのブログ   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】 当店の店頭販売は土曜日と祝日のみです。平日のご訪問は前日までのご予約が必要です。日曜定休(カレンダー参照)

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
プライスダウン

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2019/12/07

H.teshima

Looking back upon happy stream day! お名前: 伊藤遼太様
ロッド: ALCEDO CLIMBER|ACB52L-4
リール: カーディナル3
ルアー: バルサトラッド
ランディングネット: コンクルージョン23
ライン: トラウトプラッキング
コメント: 今年やっと釣りに行け、32㎝の岩魚が釣れたので投稿させて頂きます。バルサトラッドをはじめて使わせて頂きました。面白いルアーですね。操作がマニュアルって感じです。使っててすごく面白かったです。今回は毎年恒例のプチ山岳渓流でクタクタですが、とても充実した1日でした。山岳渓流にはこのロッドは欠かせませんね。これからもよろしくお願いします。 てしまより:伊藤様、トラウトオフいかがお過ごしですか?ご投稿ありがとうございます。重量感伝わってくるイワナですね。イワナはグネグネとするので写真を撮る時、なかなか構図が整わないですよね。(苦笑)トリプル Cどころかオールカスケットタックル!ありがとうございます。来季もどうぞよろしくお願いします!

2019/12/06

H.teshima

来たる次回のコンクルージョン販売について、ご説明を繰り返します。
販売開始から約15分ほどは、「ボロンハンドル、ベゼルグリップ販売優先クーポン」をお持ちの対象様だけが購入できる時間を設けます。 この時間にコンクルージョンを購入されますと、優先クーポンは1本付き、1件消費されます。優先クーポンを使った場合、そしてハンドルをお持ちでない方はこれから数度行われるボロンハンドル販売においては、優先時間の購入はできず、一般販売の時間帯に購入しなければなりません。

この販売方式はハンドル1本でブランクを何本も持ちたい方もいらっしゃいますので、ブランクは注文したが、すでにハンドルをお持ちでランディングネットを1本も所有していない方のための救済措置のようなものです。(購入にはもちろんボロンハンドル、ベゼルグリップ優先クーポン所有(ブランク注文済みでお待ちの状態)が前提です。)継続的にこの販売方式になるかどうかはまだ未定です。状況をみて都度決定して参りますので、毎回の販売方法をチェックいただくようお願いします。

さて、今回のコンクルージョンは意欲的な変り種もありますので、ぜひチェックくださいませ。

*ボロンハンドル、ベゼルグリップ販売優先クーポンとは2018年11月より導入された優先クーポンで、以降の期間におけるブランクを納品してハンドル、グリップを購入していない方、ブランクを予約された方に配布されたものです。なお現在は新たなブランクの販売、予約は行なっていません。

2019/12/05

H.teshima

Looking back upon happy stream day!(お客様の投稿です。) お名前:兼井達也様
ロッド: レボリュ-ションRB55MS(US)
リール: 18 ステラ C2000SHG
ライン: トラウトプラッギン4lb
ランディングネット: コンクルージョンST26
コメント:東北山形県の水と石がとてもきれいな渓流です。何年か前に来た時も良型ヤマメが出たところなので、必ずいると思ってルアーを投げていたのですが、なかなか出ずにもうやめようかと思っていたところ、出てくれました。ぶっつけの淵、2~3メートルくらいの深場から、2匹(おそらくペア)が追ってきて、この雄のでかい方が食ってくれた!狙いどおりの場所で、狙い通り深場から出てくれたので、最高に興奮しました。アイボリ-色のレボリュ-ション55は今年出番が多いです。 てしまより:兼井様、いつも綺麗なお写真と共に投稿ありがとうございます。素敵なカスタム仕様で、しかもかっこいい顔のヤマメのコンクルージョン!夏の良い思いですね。さて、来週にまたコンクルージョンの販売を計画しています。今回は渓流用サイズも登場ですが、前回に続いて優先時間を設けるつもりです。対象の方はお見逃しないようチェックをお願いします。(毎度くどいですが、、、、ラインナップを先にお聞きなる問い合わせはご遠慮ください。)

2019/12/04

H.teshima

往年の名作リールが入荷。分解清掃してみると、ふむふむ、こうなっていたのかと先人の知恵に驚かされたり、今でもこれで良いんじゃないかと思ったりするわけです。 最新の大手ブランドのリールは専用工具が必要で自分で分解できないので、まだ一個も持っていません。(苦笑)鱒釣りはフライに代表されるように大昔からあまり変わらない道具で数釣りも大物釣りができるのも魅力なんです。なにより様式美という捉え方を渓流・鱒釣りに持ってくだされば、時にはこうした古いリールで鱒を狙うのも一興というものです。ささ、トラウトオフはたくさん回り道しましょ。(笑)

本日の道具

最新リールに慣れてしまった方もC3などはベールを手で返せるし、ハンドルも左右変えれるので十分使えますよ!

2019/12/03

H.teshima

クラシックスピニングリールが米国より入荷しています。只今、詳細画像など公開準備中です。割と程度の良い個体ばかりが届きましたのでオールドファンの方々は期待いただいて良ろしいかと。公開日時は予告しませんのでご興味ある方はチェックいただきますようお願いいたします。