ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  てしまのブログ   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】 当店の店頭販売は土曜日と祝日のみです。平日のご訪問は前日までのご予約が必要です。日曜定休(カレンダー参照)

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
プライスダウン

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2019/06/26

H.teshima

試作的に耳が痛くならないよう、サングラスホルダー(耳上)を作ったドゴールキャップが仕上がってきました。お届けした皆様方の反響(ちょうど良いか否か)などお聞かせいただければ幸いです。 このサングラスホルダーは今後のモデルに標準装備させるかを検討しています。 またストラップ金具はRohwオリジナルのものに改良変更しています。ずいぶんONOFFがしやすくなりました。 このドゴールキャップ、実は型的を細かく4回ほどリニューアルしています。今回は形状をやや初期型に近づけてリニューアルしています。ずっと被っている方は「お!」と分かるかも。 予備的に作ったもので数量は少ないですが、販売いたします。

本日の道具

2019/06/25

H.teshima

【ミノーの補修およびリップ(送付)サービスについて

カスケットのウッド&バルサミノーをご愛顧の皆様へ
当店の木製ミノーの補修についてお話しします。トラウトミノーの破損は岩や障害物の多い渓流で使う以上は付き物です。

【機能上問題ない傷の補修について】
フックサークルや魚の歯型は経年変化として嬉しい歴戦の証としての傷ですが、キャストミスで禿げた傷は自分を呪ってしまうほどショックです。特に目や顔の近くはやる気を削いでしまいますね。しかし当店では再塗装・補修サービスは行っておりません。あくまで自己による補修をお願いします。
なお、機能上、問題があるほど壊れてしまったミノーは治すことができません。次回の販売をお待ちください。

・補修の仕方
(1)よく乾燥させる。
(2)傷部分を瞬間接着剤やルアー補修剤で防水処理をする。
以上です。
【リップが取れた場合の補修について】
リップが取れるとミノーとしては機能しなくなるのでもったいないトラブルです。もしあなたのミノーのリップが取れた際は無償にて1枚送ります。補修は瞬間接着剤などでご自分でしていただきます。
・無料送付の手順
(1)取れてしまったミノーのリップの在庫があるかをこのページの最下部表記にて確認ください。
(2)在庫があった場合は(3)に進む。ない場合は(7)に進む。
(3)リップの取れた方は問い合わせフォームより「要望欄に〇〇製品名のリップ送付希望」と送信ください。
(4)自動返信メールが届きますので、そちらに返信でリップの取れたミノーの画像(携帯撮影可)を当店宛に再度返信ください。
(5)こちらで購入履歴と照合が取れましたら郵送にてリップを送付いたします。
(6)基盤リップタイプの補修は瞬間接着剤を使っていただければ時間も早く治具など不要で完成です。向きや角度などはしっかり調整をしてください。
*無料送付サービスは木製ミノーのみ対象です。ハッスルトラッド(インジェクション)の交換リップは有償扱い(販売)となります。
(7)在庫がない場合は同じミノーが次回生産される際にリップの補充ができます。次回販売までお待ちください。

【現在交換用リップの出荷が可能なミノー(2019.06.25更新)】
TRAD50S(基盤リップ)
TRAD50HS(基盤リップ)
TRAD50SHS(基盤リップ)
TRAD60SHS(基盤リップ)

MONSTER PRODUCER MP90(基盤リップ)
MONSTER PRODUCER MP145(基盤リップ)
上記に在庫がない場合は次回販売時に更新されますのでお待ちいただくようお願いします。

2019/06/24

H.teshima

長年使用すれば傷はつきものですが、ブルーグレーのサイドプレートの綺麗なものは一つは予備に持っておきたくなります。古いアイテムゆえなかなか生産は難しいので、ぜひこの機会に! そしてこちらは豊臣秀吉の「黄金の茶室」とでも言いたいオールゴールドのフルコンプリートセット。目立つこと請け合いです。 こうしたレストア品はサイモンさんと苦労して集めて、整備をして、多額でない利益を乗せて販売をしているつもりです。人気がある今、転売だけの目的で買われるのは本意ではありません。大事に使ってくれる方の手に届くことを願っています。

レストアアンバサダー・パーツ販売はこちら

2019/06/22

H.teshima

レストアアンバサダー(サイドプレートを主体にした)パーツセットの販売は週明けの月曜日にいたします。時間はまだ未定とさせてください。(予告による集中混雑やほか業務の進行状況にもよるため)
週末の予報の雨も降らず、、福岡は史上もっとも遅い梅雨入りになりそうです。雨の地方が羨ましいけど、これからの梅雨末期の豪雨がさらに合算されたドカ雨も怖いのです。千島列島の噴火など毎年なにも変化のない年はもう来ないと思います。よし、強く生きてこ!皆様もいい週末を。

2019/06/21

H.teshima

僕が言うところのレストアアンバサダー2500Cとはアメリカのサイモンさんが「バイオニック」や「リバイバル」と様々に言っているものと同じです。特にサイドプレートはこうした傷の多いカップをサンドブラストを施し、傷を目立たなくして再度アルマイトすると言うものです。ですからデメリットとしては「刻印が薄くなる(消えることもある)」や「深い傷は消えていない」などがあります。

もうじきに販売を予定しているパーツセットはこうしたレストア品であることを理解の上、ご注文下さいますようお願いします。
なお、フレームも一旦メッキを剥がして再びメッキするのですが、肉厚になってネジが入りづらかったり、曲がっていたりと、いざ仮で組んでみると、セットが合わなくて、組み合わせを変更して、再度修正したりとかなり難儀しています。販売を待つ声が多くて急ぎたいですが、手に取った方がある程度の年代と合わせても組めるよう今日はフレームやネジの再調整を行ないました。販売はもう少しお待ちください。
この作業、地味ですが思った以上に時間がかかります、しんど・・・・