ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  マクリーン   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2021/03/02ネットトラベルバッグ

H.teshima

ありそうでなかった濡れたネットを気にせず、がさっと収納できるトラベルバッグがマクリーンから入荷。写真はXL,XXL対応サイズでM,L対応と2種類ございます。ちなみにコンクルージョンのモンスターならば M,L対応サイズで十分です。残念ながら3XLを収納できるサイズはラインナップにありません。マクリーン社のスティーブにリクエストして、前向きだったのですが、コロナ禍もあり叶いませんでした。(残念ですがまた次回に!)

本日の道具

2021/02/26短丈五本指ソックスなど再受付、再入荷のお知らせ

スタッフ シゲ

夏の渓流、防水ネオプレソックスの下に履く靴下といえば、速乾で、臭わなくて、厚手でクッション性を持つ五本指が最良です。しかしこれがなかった、、、なかったから作った。しかも今度は指先にウール糸補強を追加で価格据え置き。製作の業者さんの好意と努力です!普段にもぜひ使ってください。コットンの靴下と比べたら臭わない、衛生的で、一度使ったらこれ以外使えなくなりますよ! 新色追加で本日より受付開始です。ボロンハンドルを待つ間にぜひご検討ください!

本日の道具

2021/02/23マクリーン入荷

H.teshima

ニュージランドからマクリーンが入荷しました。軽量で柔らか、そして堅牢なラバータイプのネットで取り揃えています。何度か言っていますが、渓流魚を楽しむ趣向や自己に課すレギュレーションは各自にあり、基本的に他者に強制するものではありません。っと前置きして、手編みネットの雰囲気の良さ、ラバーネットの保護性能、意見の分かれるこの二つの方向性の僕はどちらも評価します。そうしてラバーネットをネイティブフィールドでの実用的見解で考えるとマクリーンが最高だと思うのです。 特に大型の魚を掬うためのネットで、ラバーを選ぶなら軽量なことは重要です。そうしてマクリーンの影響で僕の中で、「ラバーネットならばアルミフレーム」というのが実用にも意匠的にも最高の組み合わせであり、「銘木グリップであるなら手編みネット」がまた最高位であると思っています。 マクリーン・ラインナップ
今なら在庫豊富です。XLサイズのみ生産が遅れています。必ず入荷しますが、納品時期は未定となっています。多くの注文を頂いているのに申し訳ありません。本来取り寄せ品のキャンセルは受けていませんが、もうじきシーズンインですのでXLご注文の方に限り、サイズ変更、キャンセルにも応じます。

2021/02/13マクリーン遅延

H.teshima

カスケットが唯一、推すラバーネットといえばニュージランドのマクリーン。今冬に発注していたネットの到着がコロナが遠因で遅れています。ニュージーランドは今でも感染者数が少なく、厳しい感染防止策を継続中。代表のスティーブも注文は来ているのに製作や発送がうまく機能せずに困っていました。ご注文の皆様にはお待たせします。申し分けありません。

2020/11/06マクリーン・プレシーズンオーダー開始

H.teshima


【マクリーン・プレシーズン予約開始】
対象期間:11月25日まで
特典:在庫のあるものも取り寄せ品もこの期間のマクリーンネットのご注文は送料無料といたします。
*予約品と同時にそのほかの商品もご注文の場合は別送扱いとなります。ご入金のタイミングなどで、適宜対応致しますので、詳細はご注文後に決定いたします。
マクリーン・カスケットセレクトラインナップ
トラウト&シートラウトにおけるラバーネットモデルは何と言ってもマクリーンの一択を僕は推します。理由は以下の通り。
(1)アルミフレームがクール!
(2)ラバーコーティングのネットが驚くほど軽く、しなやかである。
(3)サイズが豊富!

今期完売して欠品したアイテムを日本のトラウトオフ期間に取り寄せ、来季に備えます。マクリーン本国サイトに掲載があって、当店がラインナップに選んでいないアイテムも希望される方もこの機会であれば対応致します。価格は入国、到着後に決定されますので詳細なお見積もりはできません。この点をご了承ください。