ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  コーヘイのブログ   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄
Cマイル・アップ対象

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー
2月7日販売のコンクルージョン・サクラカーブの入荷樹種をご紹介します。 1本目は「シャム柿ツートーン・アンモナイトインレイ」。狐色、茶色、黒の三色が混ざる様は「ツートーン」どころか「ダークトリコロール」と呼びたくなるような素晴らしい表情。 反対面はシャム柿らしい深いブラウンのダークトーンに、アンモナイトの化石をインレイ。表と裏で、全く別のランディングネットかのような変化を楽しむことが出来る一本です。 2本目は「山桜杢・アンモナイトインレイ」。日本の象徴とも言われる野生種です。控えめな中にゾクッとするような濃淡ときめ細やかな杢肌を有しており、まさに日本的な奥ゆかしさ。 片面にはアンモナイトの化石、もう片面にはコンクルージョンの焼き印を施した特別仕様の一本。ネットカラーは桜の木を彷彿とさせるココアブラウン〜カシスピンクのグラデーションに染め上げており、職人ヤマギシトモヒロ氏の遊び心と抜群のセンス、ストーリー性を感じさせる仕上がりになっています。 3本目は「メイプル瘤」。緻密な木理に見られる絹糸のような光沢は美しく「木の真珠」とも例えられます。シンプルな杢に始まり、タイガー(虎杢)、カーリー(縮み杢)、キルテッド(玉杢)、バーズアイ(鳥眼杢)、バール(瘤)、スポルテッドなどなど。数ある銘木の中でも、これほどまで変化に富み、多彩な表情を見せてくれる樹種は他にないかもしれません。 中でも、極上と呼びたくなるほどの密度を持つ瘤材は一等激しい変化を見せ、緻密な繊維のうねりと濃淡は砂絵による作品のようです。フレームは両面2枚のウォルナットで鉄刀杢(タガヤサン)を挟んだ変化球。ブラックラインがメイプル&ウォルナットのブラウントーンを一気に引き締めて精悍な仕上がりを感じさせます。
2月07日(火曜日)にコンクルージョン・サクラカーブ(内寸 縦45/横33cm ネット深さ67cm)を販売します。その名の通りサクラマスを念頭に考案したカーブネットで、コンクルージョンの中では「モンスター」に次ぐ大鱒用サイズ。 したがって、グリップ&フレームに使用される銘木量も渓流用の数倍。極めて贅沢なランディングネットです。年間でも限られた数量のみしか生産出来ない希少サイズ、是非今年のサクラマス釣行をはじめ、本流や湖で行う大鱒釣りの相棒にどうぞ。
販売スケジュールは下記の通りです。

2月7日 コンクルージョン販売スケジュール

優先販売時間
 PM18:00〜18:15(事前の商品ページ公開はありません)
  【30,000cマイル以上の保有者・対象】
  ■ご購入頂けるのは30,000cマイル以上の保有者のみ
  ■ご注文時に5,000cマイルを消費、ポイント1%付与、cマイル付与無し
  ■お一人様1個までのご注文とさせて頂きます。

一般販売時間
 PM18:30〜(優先販売時間に完売した場合は販売ございません)
  【cマイルによる入場制限無し】
  ■ご注文時に5,000cマイルを消費、ポイント1%付与、cマイル付与無し
  ■お一人様1個までのご注文とさせて頂きます。

2023/01/31SIMMS|シムス FSブーツ・2023NEWモデル

スタッフ コーヘイ

SIMMSブーツのミドルクラスに位置する「FSブーツ」が今年リニューアル!!ここ3〜4型あまり変わっていないようにも思える同ブーツですが、実は細かく進化、熟成されています。本日はコーヘイのSIMMS徹底考察シリーズ「FSブーツ・ラバーソール編」スタートです。 今回、最大の進化点はソールにあり。旧モデルに比べ、個々のラバーブロックを細かく、数を多くする事でラバーに柔軟性を持たせフリクションを最大化。さらにパターンが様々な方向を向いており、あらゆる方向からのグリップに対応。これはまさしくユーザーから最高評価を得ていると言っても過言ではない「フライウェイトブーツ」に見習ったものであると思われます。 さらに細かく見ると表面は極めて微細なパターンが付けられており、SIMMSの並々ならぬグリップ力追求への意欲が見えてきます。ブロック同士の感覚が広くなったことで泥などの目詰まりも抑制、グリップ力低下を回避します。スタッド装着可能数は旧モデルと同様の片足16ヶ所。スタークリーツ、アルミクリーツ、ハードバイトスタッドの全てに対応します。 アッパー部分のトピックは、つま先の強化ラバー剥がれ防止。実はココ、これまで上から貼った強化ラバーが厚み分出っぱっていた為、引っ掛かったり摩擦を受けやすかった部分。新モデルでは周りを盛り上げて段差を無くしたため、この部分に負荷が掛かりにくくなっています。(細かっ!笑) シューレース金具の隙間に設けられたスリットも新たなデザイン。おそらく、足曲げや靴馴染みをスムーズにするべく新設された機能と思われます。 最後に、フロント靴ベロ部分のループタグ。靴を脱ぎ履きする際、これが有ると無いとでは大違い。嬉しいアップデートです。 SIMMSブーツの中では「G3」のコンセプトに近く、耐久性やホールド力を重視したガッチリ系の「FSブーツ」。フラッグシップの「G3」に注目が集まりがちですが、コチラもなかなかどうして素晴らしい!実は「G3」と比べ片足150g以上軽く、レザーブーツ感を残しながらも、合成皮革のお陰で保水せず水切れも抜群。決してあなどれないミドルクラスブーツなのです。

サイズ感について
SIMMブーツの中でも横幅が広めであると感じます。僕は普段スニーカーサイズ26.5〜27cmのため縦長的には「サイズ9」のはずですが、足幅広め(ワイズEE程度)の為、いつも横幅に合わせる為1サイズ上げて「サイズ10」を着用します。しかしこのブーツの場合、適度に横幅が広いため「サイズ9」でジャストでした。

本日の道具

2023/01/27トリビュータリーウェーダーのサイズ感

スタッフ コーヘイ

2020年の登場以来、シムスウェーダーたる特徴をしっかり抑えながらも手頃な価格で、多くのフィッシャーマンの相棒となってきたトリビュータリーウェーダーが遂にモデルチェンジ。基本構成は変わりませんが、デザイン上の変更点としては、カラーがこれまでのベージュ系からオリーブ系へ、フロントポケット部分にはベルクロパッチが追加されました。価格高騰が続いているとは言え、SIMMS製ウェーダーがこのバリュー価格、相変わらず素晴らしいです。 それよりも、今年お問合せが最も多いのはサイズについて。シムスウェーダー全てにおいて今後はUSサイズでの展開になることは以前もお伝えしましたが、実際どうなの?自分のサイズは?とご心配な方、ご安心を!! まずは入荷した全サイズを実際に計測してみましたのでご参照ください。計測箇所も記載してますので、お買い替えの方はご自身のウェーダーと比較して頂けば一目瞭然。初めてご購入のお方は、私スタッフコーヘイ宛にお問合せ頂けましたら、一緒にベストなサイズを考え、ご購入までしっかりお手伝いさせて頂きます。 取り急ぎ、トリビュータリーウェーダーを僕が実際に着用&計測した感覚では以下のような感じです。

Sサイズ
ほぼ従来の「JM」。ソックスは靴サイズ27cmくらいの方まで(足の実寸26cmくらいまで)

SKサイズ
ほぼ従来の「JMK」。ソックスは靴サイズ27cmくらいの方まで(足の実寸26cmくらいまで)

MSサイズ
縦はJM、横幅はJXL、言うなれば「JMKK」。ソックスは靴サイズ28cmくらいの方まで(足の実寸27cmくらいまで)

Mサイズ
ほぼ従来の「JXL」。ソックスは靴サイズ28cmくらいの方まで(足の実寸27cmくらいまで)


良くも悪くも従来のサイズ展開と異なる部分がありますので、逆に「これまで体に合わなかった!」という方にも是非改めて見て頂きたいトコロでございます。初めての方もど〜んとお任せください。シムス買うならカスケットまで!!

本日の道具

錦織則政さんによる釣歴史大書3部作、待望のルアー編「ザ・ヒストリー・オブ・ルアーフィッシング」が入荷しています。ルアー誕生の歴史を始め、名作ルアーを次々に生み出した「ジェームス・ヘドン」、「ラウリ・ラパラ」、さらにはキャッチ&リリースの概念を広めた巨人「リー・ウルフ」まで。過去から現在に繋がる釣り歴史を知るにあたって、ルアーアングラー、フライフィッシャー問わず読んでおいて損はない一冊です。

本日の道具