ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  アウトバックビリーバー   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄
Cマイル・アップ対象

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2022/03/03TRAD78シリーズ発売開始

H.teshima

いざ春、TRAD78MINNOW、いよいよ発売します。(12時より発売開始です。)今回の販売はCマイルによる優先販売はありません。これからの方にも広く使っていただきたいです。 今回はヤマメカラー2色(新企画)と定番の鮎カラーは昨年のリピートで少量だけのご準備です。上がレスポンス重視のスーパーヘヴィウエイトバージョンで、下はダウンメインで使いやすいヘヴィシンキングです。パッケージは防水シール付きのブリスターパックでの納品となります。個数制限は設けていませんが、使うだけの節度あるお買い物をお願いします。

本日の道具

使い方イメージの追加であります。
OBB604M、 OBB674Mのアウトバックビリーバーブランクは第三世代ブランクです。特にOBB60Mはハイパーブレイク「HBB602M」の後継機種と言えます。本流狙いのブランクとしてOBB674Mは新たに誕生したのですが、TRB72MHの後継という位置付けではありません。硬さのパワー表記も違うように別物と考えています。 今後の開発ロードマップとしてTRB72MH、TRB83Hは課題として残っていますが受注状況や製作ペースからこの二つの開発は急ぐことはできません。またレボリューションおよびスーパーディスティニィのレイクショアジギング1&ハーフブランクはその唯一無二なブランク性能であり、パックロッドの第三世代構想には当てはめるのことが難しいブランクと考えています。開発ロードマップに関しての情報公開は、必要な折りに触れて参りますので、個人様からのご質問はできれば避けていただきたく存じます。
アウトバックと2500C、そしてトラッドミノー78。アンバサダーチューニングも引き続き受け付けています。一人でも多く、軽快で、このクラシカルなスタイルで熱狂する本流トラウトを体験ください。
こちらは昨年のトリガーバージョンでの釣果録画です。3月3日の発売を前にイメージを膨らませてください。

本日の夕方には6ftボロンハンドルの受け付けについての詳細な続報がありますので、ご予約の方はぜひご覧ください。
来たる3月3日(12時受付開始)に発売予定のTRAD78シリーズを使った釣果動画です。使い方の参考になれば幸いです。TRAD78HSはカスケットの最古参ラインナップミノーですが、今でも色褪せず、ビッグトラウト狙いに欠かせないシンキングミノーです。

【6ftボロンハンドル受注会のお知らせ】
動画で使っているアウトバックビリーバーの製作を進める上で、予約者の方々へ6ftボロンハンドルのご案内も3月3日に予定しています。この案内はこれまでとは異なった手法で行います。
・受付開始日:3月3日(18時公開、19時受付スタート)

・受付方法:予約者だけが閲覧できるページでの先着販売。

・案内方法:予約者の方にはこのお知らせを持って個別の案内はいたしません。
シークレットページですが、ホームページの一般画面から入場できるように設置します。(リンク先は予約者限定で一般の方は注文することができません。)

トリガー仕様リールシート

(※受注イメージ。当日はリンクが貼られ、ページに進めるようになります。)
6ftトリガー用(1〜5) 6ftトリガー用(6〜10) 6ftトリガー用(11〜15) 6ftトリガー用(16〜20)

6ftトリガー用(21〜25) 6ftトリガー用(26〜30) 6ftトリガー用(31〜35) 6ftトリガー用(36〜40)

6ftトリガー用(41〜45) 6ftトリガー用(46〜50) 6ftトリガー用(51〜54) 6ftトリガー用(55〜58)



スピニング仕様リールシート

(※受注イメージ。当日はリンクが貼られ、ページに進めるようになります。)  
6ftスピニング用(59〜62) 6ftスピニング用(63〜66) 6ftスピニング用(67〜70) 6ftスピニング用(71〜74)

6ftスピニング用(75〜79) 6ftスピニング用(80〜84) 6ftスピニング用(85〜89) 6ftスピニング用(90〜94)

2021/10/14沼田様OBB60MT,MSB49MLT

H.teshima

お名前 沼田慎司様 ロッド:マークスパイダーMSB49MLT リール:シマノ カルカッタコンクエストBFS HG ルアー:ハッスルトラッド501 ランディングネット:コンクルージョン26 ライン:トラウトプラッギン5LB コメント:北海道は広しと言えどもブルックトラウトが生息する河川は数河川しかありません。 その中の1河川へ久しぶりにブルックに会いに行ってきました。最初に入渓した場所では、ニジマス、アメマスはぽつぽつ釣れるものの、なかなか本命に出会えず、場所を変えて、やっと美しいブルックにめぐり合うことができました。マークスパイダー49とハッスルトラッド501が活躍してくれました。 短時間の釣行でしたが、天気も良く、水も魚もとても綺麗でよい釣行となりました。 お名前:沼田 慎司様 ロッド:アウトバックビリーバーOBB60MT リール:シマノ カルカッタコンクエストBFS HG ルアー:ファルコンFLC53DS、ファルコンフラットファッツ50S ランディングネット:コンクルージョン26 ライン:トラウトプラッギン5LB 今年の北海道は、猛暑が続き、河川はどこも渇水状態。そんな中、少しは条件が良いと思われた中規模河川の本流域へ釣行しました。やはり渇水が影響してか、大型ニジマスは不在、いつもは数釣りができる小型もなぜか不在で、数が伸びない中、新旧ファルコンを使い分け、ポツポツとニジマスを釣ることができました。ニジマスのサイズは30〜35cmばかりで、それなりに楽しめました。最終的には、5時間ほど歩き、ヤマメ、アメマスを混じえ2桁のマス達に巡り会うことができました。 沼田様、ご投稿ありがとうございます。こちら九州は猛暑と言いたいくらいの残暑ですが、北海道はさすがに秋の気配でしょうか?私がサボり気味なので、二つのご投稿を一気に紹介させていただきました。ブルックトラウト、僕は一度も手にしたことがありませんので憧れを抱きつつ、羨ましく拝見しました。ブルックはもちろん、ブラウンもレインボーも外来魚ですが、魚自体に罪はありません。スポーツでも外国の選手が日本で活躍してくれている。この厳しい地球で共に生きることを考えたら、変化を受け入れ強く生きねばと思っています。