ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>    過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄
Cマイル・アップ対象

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2022/05/18シムス Dry Creek Z Backpack 2022

スタッフ コーヘイ

シーズンを増すごとに細部をブラッシュアップし、もはや一つの完成の域に達した「シムス ドライクリークZバックパック」。容量は昨年が「35L」、今年は「25L」になりましたが、実際見ても容量が減ったようには感じません。渓流で一日のギアをしっかり収納できる、磨き上げられたスペックはまさに黄金比的。
■容量:25L
■外寸:縦50cm、横30cm、マチ上部15cm〜下部20cm
■メインジッパー長:60cm
昨年までのモデルとの一番の違いは外側両サイドに追加されたポケットです。口部分はドローコードで絞れるようになっており、細いペットボトルから、太めのロッドチューブまで幅広く入れることが可能です。また上部はメッシュ、下部は本体と同じTPUコーティングナイロンと使い分けることで強度と軽量化、しなやかさを両立しています。画像のように別売のストラップを使用すれば、さらにガッチリとロッドチューブを固定できるのでオススメです。 沈水可能な完全防水性を誇りながら、ギザ歯を持たず、軽く滑らかな開閉をも手に入れた「TRUジッパー」。加えて長めの引き手と、開閉をアシストしてくれるループを追加。 「これは釣り師のギアである」と強く主張するランディングネット用のDカン。 さらに大きなネットや、柄の長いネットの収納も可能な専用スリーブも完備。 ショルダー、ウエストハーネス角部分にもアクセサリーステーションや、ミニポーチを追加。アングラーの要望に応じて様々なカスタマイズが可能です。 内部も小物を分けて収納できるフリーポケット、ジッパーポケットを備えており、もはや死角無し!!これ以上必要な機能があるのだろうか!?そう思えるほどの完成度を誇る、今季の新型ドライクリークZバックパック。これは間違いない逸品だと思います。

本日の道具

数日前に、ボロンハンドルは買えたが、ブランクを1本もお持ちでない方の支援を検討する旨をお伝えして、ヒアリングを行なっていますが、先だって終了したボロンハンドル販売会で一旦締め切ります。
様々な方が思い思いのご意見を言われているので収拾がつかなくなくなっています。どなたのご要望も叶えたいですが、人数が多かったり、ご要望内容の条件が狭いとどうしても対応できません。全ての方に返信をする予定ですので今しばらくお待ちください。(5月末までにはご返信します。)
なんと言っても今年の春マサのクライマックスは赤間さんのサンダーストラックでしたね。21kgのヒラマサがサンダーストラックのジグとロッドで上がりました。ジグで10kgも難しいですが、21kgも上がるのです。ロッドの受付はすでに終了していますが、2回目のジグの予約を開始します。(納品は2022年夏〜秋頃です。)
撮影はなんと小西さんです。小西さんも興奮しているのが面白い動画です。このロッドでの大物ファイト、赤間さんのやり取り、よく見てみてください。きっと勉強になります。 ロッド:KLLサンダーストラック、ジグ:KLLサンダーストラックジグ100g、リール:セルテートSW6000H、ライン:PE2.5号+フロロ10号 カスケットスタッフのジュンもこのセットで初ヒラマサを上げました! どうぞよろしくお願いします。

本日の道具

まさに圧倒的なグリップ力を発揮するシムスの新作「フライウェイト・アクセスブーツ」。実際に履いてみて、軽快さ優先の「スタッド無し」も有りだと感じましたが、あらゆる状況に備えておく場合には、やはりスタッドを打っておくことをお勧めします。そこで個人的に試してみようと思う打ち方がコレ。一番力を掛ける親指付け根とカカトに重点を置き、片足合計6個にとどめて軽快さも求めました。また「打つ位置」を最重視し、指標通りでは無い所に打っているのも特徴です。 ご希望の場合はこの打ち方でのご納品も可能ですのでお申し付けください。(ご指定がない場合は指標通り片足10ヶ所全てに打たせて頂いております。)

本日の道具

2022/05/162022年の春マサ(1)

H.teshima

今年の春マサのシーズンが無事に終了しました。今春の僕は奮いませんでした。しかし、いつも同船する水上くんや南里さんの素晴らしいヒラマサを抱く姿が見れました。おめでとうございます。 南里さん、BLC84/25R-PM SC、BF30カスケットオリカラ黒鯉にて素晴らしいオオマサ、ナイスでした。 親子で挑戦のウッドワーズのヤマギシ親子。この日はどうやらオキアミを食いまくる、決して釣況のいい日でなかったけど、お父さん渾身のジグの一匹が光った。そして最後の最後で息子のカナタが投げたプラグに食いついたオオマサ、思いっきりラインを出して引きちぎっていったね。 あの時、呆然として、悔しかったけれど、カナタもお父さんもみんなで笑いあったのが微笑しかった。僕らにとって忘れられない一日に。また来年挑戦だ! 僕に出てくれたあいつも超デカかったけど・・・まだまだですな。(涙)今度は梅雨マサ、夏マサに向けて新たな準備が始まります。明日に続く