ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  ルイノスヒューチェン/page/3   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2019/07/112019イトウレポ1(マクリーンネット輸入開始)

H.teshima

今日はようやくこの写真の方の話ができますよ。北海道のイトウ釣りで知る人ぞ知る(知らない人は知らない)小笠原さん。シムスのG4ウエーダーとジャケットのことを作業服と呼び、迷彩服をイトウへの戦闘服と呼ぶ小笠原さん。先の遠征で彼と数日過ごしたイトウ釣りは僕にとって驚きと発見の連続でした。 イトウ探求のために地形図から水系チェック、水深、水温データ取り、ドローンも使っての個体数探査など。語る姿はメンタリストDaigoのようで、とにかく隙のない方と思いきや、父親からお前の顔は三角定規だけで描けそうだと言われましたとか話し出して、僕はへえと思いながら顔を見やるとその後は笑いをこらえるのに必死でした。 そんな飄々とした彼が求めるのは北海道のイトウ釣師達の悲願、130cm超えの完全なるキャッチです。完全なるキャッチとはフォトランディングも含めて、リリースまでの文句なしの完璧なる釣果です。彼がこの成功のために選び出したランディングネットはシートラウト、サーモン用。僕も使ってみて一目惚れしました。それがニュージランド生まれのマクリーンのサーモンネットです。特徴は以下の通り。 (1)大型で取り込みやすく、携帯性よし、かつ軽量。
(2)汽水を狙うこともあるイトウ、塩害など腐食に強い素材。
(3)キャッチ後、活かしやすいネットの形状、大きさ。
(4)細かい網目のラバーネット採用。
(5)即時に簡易計測できるメジャーと測りを備える。
氏が使うのは最も大型の3XL。130cm、30kgオーバーを狙っているのですからね。僕も120cmクラスのランディングに失敗した経験から選ぶならこのサイズです。岸にずり上げるのはよほど条件が良くないとほぼ無理でした。きっとイトウ釣りでこのくらい大きなネットを持ち歩く人は130cmクラスの遭遇経験がある方でしょう。 サイズなど詳細はこちらの販売ページをご覧ください。イトウを大事に、そして大物への情熱のある釣り師に、このネットをお届けします。 遠征から帰って以来、ずっと交渉を重ねてようやくニュージーランドからこのネットが入荷しました。ついに販売開始をいたします。

本日の道具

2019/06/21イトウレポート(岡村様編)

スタッフ コーヘイ

遠征最終日の夕方、日が暮れるギリギリまで粘って投げ続ける釣り人の中に、当店のお客様である岡村様がいらっしゃいました。単身、届いばかりの「ルイノス・ヒューチェン」を片手に初めてのイトウ遠征。 この時、ご自身もまだ釣れてなかったにも関わらず、僕達のため、なんと集めた情報を教えに駆け寄ってきて下さいました!(感動)貴重な情報を頂いたお礼にと兄が手持ちのジグミノー「ヌーベルバーグ」をプレゼント。ここから流れが一気に彼のものに。まずは丸々太った海サクラがヒット!続いて、ガツン!!グワン!グワン!と強烈な魚信! 激しいスイングとズッシリとした重み。数分にわたるファイトの末、上がってきた初めてのイトウ。しばし放心の後「釣った…」と一言。独りで情報を集め、最後まで決して望みを捨てず、信じ続けたイトウへの熱い思いがこの一言に詰まっていたように思います。 お届けしたばかりのロッドで手にした初イトウ。そしてこの笑顔。この地で偶然出会い、その一部始終をこの目で見せて頂けたこと、心から嬉しく思いました。改めて本当におめでとうございます。 そしてタイムアップ。兄の口からは「終わった…」と一言。自分が手渡したルアーで、真横で釣られてしまったイトウ。岡村様をうらめしそうに横目で見ながら何度も「オ、オレのイトウが…オレのイトウがー!!」と嘆いていました(笑) 今回兄は残念ながらイトウと出会う事はできませんでしたが、新たに「ルイノス・ヒューチェン」をオーダー。(ありがとう!!)すでに来年に向けて闘志を燃やしているようです(笑)苦戦した分、釣れた時には喜びも大きいはず。来年は必ずイトウを抱いて写真を撮ろうね!!

本日の道具

2019/06/14ルイノスヒューチェン受付再開

H.teshima

モンプロことMPにたくさんのご注文をいただきありがとうございます。秋に向けてソルティスペイサイドSSP89XH、SSP97ZHのルイノスヒューチェンコスメバージョンの受付を再開致します。納期は11月以降より順次開始となります。消費税増税のタイミングですが、受付時の税率でのご提供とさせていただきます。 このロッドはソルティスペイサイドと言って、イトウ、海アメ、海サクラ、サケなどシートラウトをメインターゲットにしていますが、シーバスやオオニベ、ブリなども狙えるロッドです。イトウと対峙する前に身近な魚でランディングなどの練習をしておくこと、オススメです。 なお、ラバーエンド終了に伴いエンドはジュラルミン金具となります。(ラバーエンドは英国よりまた入荷のタイミングが整いましたらパーツ販売をしたいと考えています。)

本日の道具

2019/06/13MP販売開始

H.teshima

モンスタープロデューサーMP90を本日、2回に分けて販売開始です。(まずは一回目)
MP90推奨のシングルフックの選択について、まずはトリプルで本来のアクションを確認した上で最も近いシングルを選んでください。MP90は僕も数種類作って試行錯誤中です。ヒラマサプラグもそうですが、シングルフックに変えると狙っていたアクションが出ずに性能を損なうケースがあります。アクションの質や狙いの詳細を詳しくは語れませんが、使い込んで来ると中身の詰まった木製ミノーが持つ、わずかな違いが大きな違いであったりすることに現場の魚の反応で気が付くと思います。 僕がシングルを使う場面はアクションデメリットよりもその方がフッキングが早い、確実だと思うケースです。シングルフックが魚に優しいかどうかは魚に聞いてみないとです。90mmの小型ミノーで大きな魚を狙う場合はトリプルの方が完全に飲み込まれる前に口中付近にかかりやすいと言う考えもあります。(あくまで私見です。) そうした一定の倫理観のもと、釣りそのものを追求する楽しみや魚とのコンタクトを増やして欲しい。釣り人は魚が釣れている間だけは、なにもかも忘れていられるはずです。このミノーにもそうした釣り本来の願いを込めて、本日販売いたします。

本日の道具