ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  バルキーバック   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】 当店の店頭販売は土曜日と祝日のみです。平日のご訪問は前日までのご予約が必要です。日曜定休(カレンダー参照)

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
プライスダウン

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2019/04/20

H.teshima

お名前:ふみかな
ロッド:バルキーバック
リール:ダイワ、セルテート3000
ルアー:ダイワ9センチミノーF
ランディングネット:ビッグトラウト
ライン:モーリス、ビッグトラウト12ポンド
コメント:カスケットの皆様お疲れ様です。岩手のふみかなです。4月1日2日、秋田県サクラマス解禁、平成最後のサクラマス釣りに米代川へ行って来ました。今回は昨年から準備、スペイサイド、カスタムブランク、Gタイプグリップ、4000番リール全て新しいタックルで挑みましたが!1日は感度ナシです!まわりには、沢山のアングラーに有名アングラー○○さん、有名釣具のテスターさんでいっぱいでした。2日はバルキーバックに、3000番に変えて挑み!サクラマス67センチ上げました。 ふみかな様、今年も「サクラ咲く」おめでとうございます。とても羨ましい一枚です。バルキーバックにサクラマスの鱗が本当に桜が舞うようです。さてバルキーバックにお問い合わせが来ていますが、今年の生産は終了しており、完売となっています。ここ数年はオフ期間の受付だけで翌年9月まで埋まってしまうので、サクラマスロッドはじめビッグトラウト対応のブランクの受付は時期を検討中です。

2019/03/09

H.teshima

Looking back upon happy stream day! お名前:大谷 武様
ロッド:バルキーバック88(BBB88XHS)
コメント:
三月に入り、週末の休みは、リバーサイドで過ごす時間が多かったのですが、その努力とは裏腹で、なかなかうまくいかないのが櫻鱒…。 苦戦を強いられる状況下でしたが、仲間達の支えもあり、昨年も何とか、櫻鱒の顔を拝む事ができました。今まで、長い間、櫻鱒釣りを楽しんできましたが、この様なパワフルな鱒と出逢えた事は、きっと忘れる事のない最高の一日となりました!この鱒との出逢いは、きっと「バルキーバック」のポテンシャルが巡り合わせてくれたのだと思っております。(本当に感謝です!)そして、この夜は、仲間達にお祝いして頂き、多幸を頂きました!(嬉し涙)櫻鱒って、全ての人々を幸せにしてくれるとても素敵な魚です!まさに「幸魚」ですね!(笑) 今年はどこも水が少ないと聞くサクラマス事情。大谷様、今年も「サクラサク」便り、お待ちしていますよ。皆様も良い週末を!

2018/06/19

H.teshima

先日の遠征にて使用したルアー達。ポツポツと鋲で開いたような穴はイトウの歯型。意外にくっきりと付くものです。 僕は歯型のついたルアーはもう使いません。これさえあればいつでもあの時の高揚を思い起こせます。 さて、これもMP145の試作カラーですが、ご覧の通り、職人を苦労させました。(笑)
MP145は大型イトウ対策としてご覧のシングルフックで見事にバランスを取れました。あと少し改良して8月までに少量ですが専用フックとして販売を企画します。
もちろん、歯型もくっきり。中央は両サイドに凹みがついてしまいました。このカラー、現地でお会いした片岡さんにお見せすると、かなりウケが良かったので、次回(時期未定)に限定生産として企画しようかと思います。 毎度、MPに片岡さんが「魚鬼」とご自身で書いて気合を入れるのを真似て「Luinos Huchen」と書き込んでみました。このブランド名、ついに復活させます。

2018/05/31

H.teshima

生涯の趣味、果てない目標として、様々な魚を釣ってみたいと思っている僕ですが、サクラマスほど意のままにいかない魚はありません。これまで輝ける失敗の遠征を繰り返しています。 それでもサクラマスをまた狙いたいと思うのは、指南くださる皆さんと金沢のグルメがあるから。そして何よりサクラマスが格好いいからだと思います。年に一度の挑戦ですが、毎度これまでの経験にない体験や気づきが生まれます。ヤマメやヒラマサばかりやっていても気づかなかったことがあるかもしれない、と感じるのです。 さて・・・結論から言うと、今回はなんと初日にあっさり釣れました。これまでたくさんの助言者の声援を背中に浴びながら「あそこに投げよ、こうやって引いてみ、よしヒットした、頑張れ!」と背中に視線を受けながら、毎度バラシの醜態をさらし、「サクラマスあるある」の「ランディング直前バラシ」に泣いてきましたが、この時は単独で誰もいないタイミングでのヒットでした。 釣れない時はトコトン釣れませんが、釣れる時はサクッと釣れるものですね。TUNEさん、TAKEさん、これまでのあなた方から受けた千本ノックの苦行を思い出すと僕は泣きそうでしたよ。そして毎回、先生方が釣られるサクラマスの写真を撮らされてきましたが、やはり自分で釣ったサクラマスは良いものですね!僕はこれが撮りたかったのだー!(つづく)
さて、僕が着ているのが新色のルーカステイラー・オリーブブラウンであります。デリバリーは来年ですがサイズと色、材料の準備があるため、先行受注にご協力いただければ幸いです。

本日の道具

2018/05/24

H.teshima

MP145の推奨ロッドはバルキーバック、ソルティスペイサイドです。投稿をいただいている小山様、片岡様の両名はベイトキャスティングリール・トリガー仕様です。狭い湿原の川を狙うにはキャスト精度や着水音でサミングが有利なことも多いです。 バルキーバックはイトウやサクラマスにも使えるオススメの機種ですが、現在は在庫がありません。おそらく秋までは予約注文で今季のフリー在庫の販売は難しそうです。ソルティスペイサイドは数本在庫もありますので、イトウや海アメ、シーバス、オオニベなど湖や海の大型魚にもチャレンジしていただければ幸いです。
MP145、すでに完売しておりますが、、、明日はモンスタープロデューサー・キャンペーンの告知をいたします。

【ボロンハンドル・ベゼルグリップ次期発売について】
慢性的に不足しているのがボロンハンドルです。先のマークスパイダーやレボリューションを新規ご注文のお客様からも多数の要望をいただいています。現在、組み立てに入る材料が少し出来ましたので、来月の完成に向けて割り振りの指示をしています。詳細な販売方法や受付時期は完成の具合で判断しますので、具体的な販売予告はこのページあるいはスタッフブログで告知いたします。今しばらくボロンハンドル、ベゼルグリップのご質問はお控えくださると助かります。