ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  ジャックガウディ   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2021/01/14ジャックガウディJr

H.teshima

昨年夏から欠品していたジャックガウディJrが完成しました。アンバサダーでの渓流アングラーも増えたので、渓流で差し込み(落とし込み)も速度調整が容易にできるようになりました。ミノーで浮かないトラウトの深淵・ボトム攻略を思い切ってやってみてください。トラウトプラッギンの生産も順調ですので、時期に入荷します。

本日の道具

2020/12/01ジャックガウディ投稿・早川様

H.teshima

お名前:早川様
ロッド: SDB74MHS
リール: 14ステラC3000
ルアー: ジャックガウディDS(24金メッキ)
ランディングネット: コンクルージョンST30
ライン: PE 16lb+フロロ10lb
コメント: カスケットのみなさんこんにちは、いつもお世話になります。久しぶりに夏のダム湖に行き、今日はなんとかジャックで!と思い信じてシャクリ続けると、47cmのランドロックサツキマスが釣れました。それも24金メッキで、恐るべしジャックガウディ! 早川様、今年もたくさんのご投稿ありがとうございました。ダム湖においてバスが夏と冬は同じ場所で釣れるとはよく聞きますが、夏のランドロックをしっかり、そこを狙うあたり流石な釣果です。芦ノ湖などのボートからのトラウトジギングも、実は夏の高水温季節こそかなり高い確率で狙えるようです。湖の大鱒も夢がありますね。公魚ジャック、定番とする予定ですが、初回製作分は残り50本ほどです。春に絶対使いたい方は是非今のうちに!

2020/11/24ジャックガウディ新色、公魚・梶原様投稿

H.teshima

梶原様の投稿を紹介と共に、ジャックガウディ塗装バージョン販売のお知らせをいたします。湖のベイトの定番といえば公魚です。ジャックガウディはレイクショアジギングとして開発されましたが、ボートからのバーチカルジギングでもご使用いただけます。ものすごい釣果を出している方もあるので、ぜひお試しください。 お名前(公開時、ニックネーム希望の場合は併記ください。):梶原様
ロッド:レボリューション72MHS
リール:シマノ レアニウム2500
ルアー:ジャックガウディ
ランディングネット:コンクルージョン
ライン:シマノ PITBULL 1.2号 
コメント:サツキマスを狙いに行ってまいりました。この1本のみでしたが、前日から丸一日しゃくり倒しアレやこれや水の中を想像しながら手にした一尾は釣り上げた後に手が震えるほど嬉しかったです(震えてました)今年はいつもの年より胸をはってジャックTを着れそうです。そろそろ擦り切れはじめましたので再販希望します。 梶原様、ありがとうございます。コロナで大変そうですが、この1匹に春先から癒されましたね。この湖でもベイトである公魚、ぜひご活用ください。 公魚カラーはカラードの第一弾に、待望の相応しいカラーです。背中、お腹もトラッドミノーと同じ配色で塗装されています。またオフならではの自作ジャックガウディの季節でもあります。皆さんでトラウトオフを楽しんでください。 ジャックガウディはバスも良く釣れます。過去ページをめくっていただくと記事があります。芦ノ湖やダム湖でも活躍するはずですよ。トラウトオフの深場に沈んだ公魚について回るバス狙いにも使ってみてください。

2020/06/22イセツリさん配信。ジャックの釣り動画

スタッフ シゲ

芦ノ湖のジャックガウディでの釣りといえば伊勢原釣具店の宮澤氏。今回、ボートからのアプローチを解説つきで動画配信いただきました!!ふむ。ふむ。勉強になりますねぇ〜あざっす!

本日の道具

ジャックガウディDS(ディンプルスケール)

¥900〜+tax

両面に模様が違う鱗の刻みが入ったタイプ。引き抵抗少なく軽快にアクションできます

2020/04/10追憶のジャックガウディ

H.teshima

ジャックガウディの追憶 ジャックガウディのご投稿が今年は相次いでおります。僕自身はここ数年の春は、湖よりも渓流タックルの開発に熱心でしたが、数年前はレイクショアジギング活動に勤しむのが春の恒例でした。今回は特に復活した24金メッキのジャックガウディで釣り上げた魚を掘り起こしてみました。 九州、某湖。三人で釣っていて、自分だけ出し抜こうと選んだカラーがこの黄金のジャックでした。このおかげで僕だけが50近いこの魚をキャッチ。実はその二人とは康平と茂雄であります。二人とも同じクラスの魚が掛かったんですが・・・・(すまぬ)思えばこの三人が一緒に働くことになろうとはこの時は思わずでした。 この魚に某湖と言う必要はないかもしれません、中禅寺湖に行った時の70cmも黄金のジャックでした。また久しく行っていないのであの素晴らしい景色を見に行きたいです。

本日の道具