ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  ジャックガウディ   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】 当店の店頭販売は土曜日と祝日のみです。平日のご訪問は前日までのご予約が必要です。日曜定休(カレンダー参照)

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2020/03/24

H.teshima

「レイクショアジギングとはジャックガウディのこと。」こちらはお客様からのご投稿です。 こんにちは。岐阜の滝ヶ平です。
北陸の遡上サクラマスもまだ魚が少ないようなので、湖の陸封サクラマスを狙ってきました。写真を送付します。 ロッド:レボリューション72
リール:07セルテート2500R ビンテージカスタム
ルアー:ジャックガウディ
ランディングネット:コンクルージョン ビッグトラウトカーブ
コメント:最近は行く機会が減った湖のショアジギングですが、久しぶりの釣行でも運良く魚を見ることが出来ました。 海から遡上するサクラマスを待つ間、合間を見てまた行きたいと思います。 「今年はご投稿の景品はございません」という告知をしたにも関わらず、解禁から投稿が続いています。励ましの言葉もあったりで嬉しい限りです。さて、偶然にも滝くん愛用のジャックガウディもゴールドに塗られたレーザージャック(自家製)でありました。ゴールドのジャックガウディはその昔、真鍮メッキで一度販売したことがあり、24金メッキというのは景品でしか作ったことがありませんでした。この24金の輝きは流石は本物の金を使うだけあって妖しく黄金色に光ります。僕自身、隣のスタッフに差をつけて釣ろうとこの黄金色のジャックガウディは度々試していました。実際ローライトや濁りのある場所で良く釣れます。今回、このシークレットカラーの販売を決意。24金メッキは時価なので定番にはしません。再販あってもきっと遠いサイクルです。ぜひこの機会に入手ください。

本日の道具

2020/03/05

H.teshima

Ambassador Report(お客様からのご投稿です) お名前:岡村 彰久様
ロッド:RB72MHS
リール:10ステラC3000HG
ルアー:ジャックガウディ、レイク用スプーン
ランディングネット:コンクルージョンStream 26
ライン:PE0.8号 リーダー ナイロンとフロロ8lb.
コメント:2020/3/1解禁日 ダムにて
解禁日は自分の好きな釣りの一つレイクショアジギングにしました。結果は朝イチ ジャックでイワナ一匹確保 その後 昼過ぎにサツキマスとは まだ呼べない 銀毛アマゴを4本、ジャック3のレイク用スプーン1本でした。他にも昼過ぎから気温が上がり活性が高くなったのかウグイも多数混じりました。 外道のウグイですが おかげでキャスト後のフリーフォール中のアタリも底取り直しのテンションフォールのアタリもしっかり掴むことが出来ました。それが銀毛アマゴのキャッチに繋がったとウグイに感謝してます(笑) これから気温も上がり 山上のレイクでもミノーが投げたくなります。ミノー用にナイロンラインでrevolution、ジャック用にPEラインでSUPER DISTNY。この2本持ち これが 自分の理想の形かなと妄想してます。オーダー再開 まだまだ先でしょうが楽しみにしてます。

てしまより:解禁を迎え、早速お客様からご投稿が届き始めて、僕もウズウズしています。早春といえばレイクショアジギングですね。ここ最近は早春と真夏のレイクジギングが好調です。真夏のジギングは実はお客様からの話ばかりで僕はまだ経験がないので、今年はどこかで挑戦予定なのです。岡村様、ありがとうございます。今年も全国飛び回って投稿を送ってくださいませ!

2020/02/05

スタッフ コーヘイ

気がつけば全国的な解禁まであと25日!!皆様準備はお済みですか?早春の釣りといえばレイクショアジギング、ジャックガウディは外せません。広大な湖で鱒を探し出すには本当に効率が良く、事実魚に出会える確率の高い釣りだと思います。 こちらは昨年3月の芦ノ湖遠征・初挑戦の動画。ハラハラドキドキの2日間でしたが見事53cmのブラウントラウト、45cmのシルバーサーモンに出会う事が出来たのでありました。まだレイクショアジギングをされた事がない方も是非挑戦してくださいませ!!

本日の道具

2019/11/28

H.teshima


レイクショアジギングという概念は単純といえば単純なのですが、明確なスタイルはカスケットのジャックガウディから始まったということだけは知っていてほしい。 ここ最近の湖では岸辺からボートを漕ぎ出し、バーチカルなトラウトジギングにも発展しています。そこでも私たちのジャックガウディは使えるし、効果的なのです。 ロッドはそのままスーパーディスティニィ74やレボリューション72MHでも使えますが、バーチカルなので5ftでも出来るのでトラウトジギングに挑戦しやすいと思いますよ。 芦ノ湖では伊勢原釣具の宮澤さんがよく知っているのでお近くの方は尋ねてみると良いと思います。

本日の道具

ご存知、川の深淵にも使えます。

2019/07/13

H.teshima

次の日、小笠原さんの友人でもある足立さんとも一緒に釣りをしました。琵琶湖の岸釣り記録バスとアカメ、イトウがメインターゲットで世界の怪魚も釣る氏は、ツララのテスターでもあり、後で「ジュラシック足立」と恐れられていることを知りました。が、僕の前では花粉症にノックダウン。鼻水タラタラ飛ばしながらも爽やかに笑う愉快なおじさん(コホン、お兄さん)でした。(足立さん、小笠原さん、テキトーなこと言ってスミマセン。いつか福岡のヒラマサ釣りに来てくださいね。) これは先に紹介したジャックガウディで釣れたイトウです。二人は三日ぶりの風呂から帰って、さっぱりしてきたところでしたが、僕が目の前で釣れるといそいそとウエーダー履いて撮影を手伝ってくれました。とても記念になったイトウでした。(後日、海編につづく) この時もネットはマクリーンで一人ランディング。とにかくネットインしやすかった。マグネットリリーサーも紹介しました。

本日の道具