ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  カスケットプロダクト   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄
Cマイル・アップ対象
特価セール品
予約受付中アイテム

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2024/05/07WATER SIDE SWEAT

H.teshima

シンプルなスウエットを渓流(水辺)で着たいと思った時、大半のスウエットがコットン100%で汗をかいたり、濡れる水辺で使えるモノはなかった。通気性が高く、濡れても乾きやすい、汗をすぐに発散する、そんな夢のスウエット。様々な案を出して、ついに最適な素材を探し出し、製法はニットで仕上げることを思いつきました。 それがこのプルーフプラスα。ポリエステル100%でウルトラ撥水の糸です。編地表面を水が転がるように弾くことで濡れにくくなり、生地の保水率が少ないため速乾性に優れています。 洗濯をして縮むことはないのですが、初回サンプル(写真)では着丈と袖丈が短く、袖リブも改良の余地がありました。見切り発車もできたのですが、念の為再サンプルを製作し、すべての確認をしてから受注を開始します。
名前はシンプルに「WATRESIDE SWEAT|水辺のスウエット」にいたしました。まずは定番色ネイビーでカスケットライオンワッペン仕様で作る予定です。ご期待いただければ嬉しいです。

本日の道具

ちなみに手島着用はバグストッパー、カラー:コルクです。シンプルなスウエットなのでどのカラーでも合いますが、アズーロ・エ・マローネ!コルクを合わせたい方は廃盤品の在庫限りで終了ですのでお早めに!…
トラッドブローチ、色鮮やかなブルックトラウトも追加版を更新しました。ぜひチェックください。 とにかく明るい(安村じゃなくて)充電式LEDライト「クレイモア」が入荷しました。今回はやや大型のサイズも追加です。 現場編動画です。朝暗い内から準備にはたいへん役立ち、使用を終えた後も小さくて邪魔になりません。 クルマの後ろのライトが弱いと感じることはありませんか?僕の場合、クルーズの釣りはいつも夕方まで粘ってくれるので、漁港に着いた時には真っ暗。最近老眼もひどくなって暗いと時に見えない・・・。こんな時に充電式のとにかく明るいクレイモアは重宝です。車の中が分かるように全体を明るめに撮っていますがテントの中や暗い時にかなり役立ちます。 帽子のツバに挟めるクリップは意外にどこでも使えます。ベストのストラップ部分につけるのも便利ですよ。40と80は赤色も装備されているので、夜釣りの際、魚を驚かせずに準備や仕掛け作りができます。 チェストハイのウエーダーにはこのように付ければ、使用しない時は中に仕舞えるので万一落ちる心配はありません。 80C、40Bで驚異的なのはそのサイズ感。40Bフリスクより小さく、消しゴムより少し幅が有る程度。重さはわずか29gという超軽量ぶり。
【簡単・比較】
明るさ・重さ 時間*出力次第 赤色*魚に見えない
CAPON 200H 1000Lumens・85g 3-55時間 なし
CAPON 80C 280Lumens・43g 3-60時間 あり
CAPON 40B 230Lumens・29g 2-12時間 あり

本日の道具

2024/03/19渓流フットケア

H.teshima

いきなり、足でごめんなさい。昨年リニューアルの5本指ウールソックスが素晴らしいです。素材をニッケアクシオに変更しましたが、これが劇的にまた良くなりました。「強い」「クッション性最高」「臭わない」・・・など、足の臭さ選手権で福岡代表の僕が言うので間違いありません。 久々の渓流歩きで、バッキバキになった足を休めてくれる「ウーフォス」のサンダルが有難いです。履いた瞬間まじでホッとします。ぜひ皆さんも土踏まずの再形成と足のリラックスを両立してください。ここだけの話、以前はビルケンシュトックも使っていましたが、ソールが固くて僕はダメでした。そう言う経験のある方にはぜひウーフォス試してみてくださいませ。 蕗の薹もいくつか見付けました。もう完全に開いてしまっているものもあり、良い塩梅のものは三つくらいしか見つけなかったので取らずに撮りました。個人的に春は山菜を積極的に食べます。いまだに花粉症にもならないのは、先に予防薬(山菜)を食べているからだと自分に暗示をかけます。 今日の渓飯。売店で見つけた梅おにぎりと疲れを飛ばす南蛮漬け、酸っぱいものを摂るおっさんメニューです。

本日の道具

背面バックパックの外側の独立したポケットには防水ケースを入れます。ここにはiPhoneとカードケース(中には免許証、クレジットカード、ETCカードなど)と車の鍵。亡き愛犬が可愛いでしょ(笑)このスペースには2500Cやスピニングリール5000番くらいまで入る大きさ、マチがあります。 ちなみにこの防水ケースはAmazonで買いました。水中でもスマホが使えるというもので、ケースに入れたままでもスマホ操作ができます。同じケースにゴープロのバッテリーも入れていますよ。 サイドポケットに500mlのペットボトルを入れると7〜8割は隠れるほどの深さがあります。もちろんカスケットパックロッドのケースも入ります。その横の小型ポケットは何を入れるかは決めていませんが、とりあえず使わないときのストラップでも入れておきましょうか。 背面のバックパックスペースはかなり広いです。正確なリッター数などはわかりませんが、ディフェンダーに一眼レフ+標準レンズでもすっぽりと入り、開口部から見えません。軽食や衣類も結構入ると思います。 容量が嵩張らないときはストラップを付属する両端のスナップボタンをパチンと合わせれば最も薄型に納まります。 背面に小〜大のネットが下げるられる真鍮製の丸カンが付属。ウエストにはプライヤーとコンパクションネットを通せば二刀流(ネット)の完成です。 ほか、アクセサリーは各自にお任せ。今一度ここでポケットのおさらいです。

【フロントポケット(左右同じ)】
ファスナー大ポケット x 左右
内部仕切り・内側に2箇所のポケット x 左右
前面スナップボタンポケット x 2箇所 x 左右
背面面ファスナーポケット(ダストポケット兼ねる) x 左右

【サイド面ポケット(左右同じ)】
ペットボトル及びロッドチューブポケット x 左右
スナップボタンポケット x 左右

【背面バックパック】
大容量・全面バックパック
外側に小型スナップボタンポケット
ネットホルダー・真鍮丸カン
合計18箇所の大小ポケットがあります。ルアーには多すぎるほどですが、小物が多いフライにも十分なスペック、ポケット数を持たせました。とまあ、これだけのものを入れたくてベストを企画したわけです。そしてダメ押しのポイント!生地は雰囲気抜群のブリティッシュミラレイン・ワックスドコットン、オリジナル織ネームもいい。これら僕の考える理想のベストを形にしてくれたスタッフ古和と、製作を快く引き受けてくださったミノワベストラボラトリ様にお礼申し上げます。ブログ更新時点であと3枚です!

本日の道具

ストラップベスト・ケンダルも残り5着。さ、完売を目指して僕がこのベストに何を入れようとして作ったのかをお見せしましょう。レッツゴー! 右のポケットは「釣り最中に使う」のものが中心です。ルアーケース、小物を主に入れています。内部の手前にマチ付きのポケットが2箇所あるので、スナップ、予備フック、リーダー、結束器具などを収納。 このセットは本流用と渓流用と二つをいつも作っています。 フロントポケットにはその日最も使いそうなルアーを入れる。片方は何も入っていない状態です。 フロントポケット背面は仕切りのない薄型の面ファスナー採用のポケットがあります。この面ファスナーが技ありで、ライン屑を丸めて面に押しつければ止まる仕組みのダスト入れを兼ねます。 左のポケットは「釣れてから後に使う」のものを多く入れる。ディフェンダーミニはゆっくり入る大きさを確保。中にはSONY α6400+EPZ10-20mmが入っています。フロントポケットには相変わらず愛用のパカパカケータイ(4Gガラホ)。やはり落水、水没した際を考えると、流されながらも電話できるのは物理ボタンだと思う。 ケータイにはクリップ付きで、ベストにつければ脱落防止。手ぶら通話もできます。右の謎のシリコンチューブは蘇生や撮影時に使うツール(自作)です。魚を弱らせず、長時間撮影、リリース成功できるマル秘ツールです。 左にも内部ポケットがあります。ここは熱中症対策の「ふりかけ」が年中入っています。(笑) 背面は夕方に続く・・・

本日の道具