ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  tクラフト   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】 当店の店頭販売は土曜日と祝日のみです。平日のご訪問は前日までのご予約が必要です。日曜定休(カレンダー参照)

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
プライスダウン

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2019/09/19

H.teshima

てしまのテスト釣行 この花は肥後体(ヒゴタイ)と言います。2012年には絶滅危惧種に登録されたらしいですが、けっこう河原や土手でも見かけるハリネズミみたいな可愛い花です。さて、楽しみにしていた週末は台風由来の大雨予報らしい。ひょっとしたら今期はもう行けないかもと思うと渇水でも無理やって行きたくなりました。 ロッドは二本に絞って出掛けました。仕上がりの遅れていたアウトバックビリーバーOBB60MS-4はボロンハンドルの上から4分割するブランクで、様々な用途を妄想して作りました。この用途についてはまた後日、できれば魚とともに紹介する予定です。 この日、渇水に加えて最終月のプレッシャーでヤマメの機嫌が悪いのか、食い付いてもポロっと逃げてしまう。業を煮やして不慣れなアウトバックからレボリューション55に切り替える。なんだか前回もこんな感じで嫌〜な(変に期待する)予感を持って次のポイントを巡ると、とりあえず今日一番のヤマメが喰いつきました。 長さはあるけど、細くて頭と尻尾だけが大きなヤマメだな・・・。なんだか目が大きくて威風に欠ける。とぼけた顔。それでも体色は高水温期のヤマメらしく、パーマークが色濃く、くっきり。ここはマクロで撮ると楽しい被写体です。 ミノーも本当は新作のTRAD50S(II型)とTRAD50SHSの使い分けを確認するつもりが、新作でないTRAD50SHSでこの日の良型が来るという間の悪さ。それでも、この渓流の中で、汗して歩けることが幸せだと思わなければならないですね。残暑厳しい九州渓ですが、あと少し歩かせて欲しい。 ね?なんか格好悪い・・・こんなこと言って、すまん、ヤマメ君。 さて全国各地の皆様から渓流最終月の有終の美を飾るようなご投稿が相次いでいます。皆さんもあと少しの渓流を安全に楽しんでください。

2019/06/29

スタッフ コーヘイ

昨日に引き続き、7月1日(月)販売予定のスタッグネットのご紹介(後編)です。

■内径27cm【シャム柿+神代楡】¥65,500(税抜)
まずは「シャム柿+神代楡」フレーム。銘木好きの方なら一度は聞いたことがあられるであろうシャム柿。実はこの樹種の正式名称は「ジリコテ」だそう。その昔、輸入会社が仕入れを他社に真似されないために付けた別名こそ「シャム柿」だったという話や、本来流通していたシャム柿という樹種が枯渇したために用いられた材だという話など諸説あり、とても謎多き銘木なのです。 その名前から「黒柿」と比べられますが、魅力は全くの別物。黒柿が東洋の水墨画なら、こちら「シャム柿」は西洋のドローイングと言った美しさ。またサンドされた中間の素材には千年以上もの間地中に眠っていた杢「神代楡」を使用。この組み合わせ、あまりに贅沢な一本です。


■内径23cm【ボコテ・極上+栃縮み杢】¥61,000(税抜)
またの名を「リオグランデパリサンダー」、「黄金檀」とも呼ぶ南米の銘木。黄金の杢肌に浮かぶ独特の模様は自然が作り出す芸術です。今回はその中でも極めて模様が緻密に密集した「極上」の部位をフレーム両面に使用。スタッグとのコンビネーションが見せるインパクトは、その他の素材では真似できないものがあります。


■内径25cm【魚梁瀬杉・極上+楓縮み杢】¥64,000(税抜)
最後は「魚梁瀬杉・極上+楓縮み杢」フレーム。豊富秀吉が京都の大仏殿建築の際に藩主から献上された事でも有名な、歴史ある日本の銘木。 その名は、高知県の魚梁瀬村(現在の馬路村)で、川漁に使う網の「梁:はり」にこの天然杉を使った事が由来とされており、まさしくランディングネットのフレーム材としてこれ以上ないほどのストーリーがあります。燃え上がるような独特の模様は目にも鮮やかで、写真にも美しく映える一本です。

2019/06/28

スタッフ コーヘイ

Tクラフトの土屋真一氏によって造られるランディングネット「スタッグモデル」。フレームからグリップエンドの先端にまで行き渡った氏の美意識は、数多ある模造品など寄せ付けない圧倒的な存在感を生み出しています。そして素材を見極めるセンス、仕上げの美しさも最高峰。まさに工芸的な域にまで達している類稀なランディングネットであると言えます。今回はそんな中でも特にフレーム材に拘り抜いた6本が入荷。販売は7月01日(月)を予定しています。

■内径26cm【黒柿孔雀杢・極上+栃縮み杢・極上】¥86,000(税抜)
まずは銘木の最高峰「黒柿孔雀杢フレーム」。柿の木の中でも数十万本に一本とも言われる確率でしか出現しない超希少杢。その名の通り、黒柿の中でも孔雀の羽が描かれたかのような模様が広がるのが特徴です。こちらはその中でも、模様が密集した「極上」の部位を惜しげも無く使用。まさにフレームに孔雀が棲まう一本です。


■内径26cm【神代杉+栃縮み杢】¥56,000(税抜)
続いて「神代杉フレーム」。地殻変動などにより、千年以上もの間地中に眠っていた杢を「神代」と呼びます。酸素が遮断された地中で酸化、風化する事無く、気が遠くなる程の長い時間を掛けて大地が染め上げたその緑灰色の杢肌は何とも表現しがたい風合い。眺めるたびにロマンを感じずにはいられない奇跡の銘木なのです。


■内径22cm【バストゥーンウォルナット/カーリー・極上+栃縮み杢・赤身】¥61,500(税抜)
ブラックウォルナットを台木に、ヨーロッパ産のイングリッシュウォルナットを接ぎ木して出来る品種「クラロウォルナット」が、さらに「イングリッシュウォルナット」と自然交雑する事のみで生まれるのが「バストゥーンウォルナット」。別名:パラドックス・ウォルナットとも呼ばれ、その出現確率の低さはまさに天文学的。数ある品種のウォルナット中で最も希少と言われる銘木です。緻密で激しいカーリー(縮み)模様は、この種特有で大変美しいフレームに仕上がっています。

明日の紹介に続く

2019/06/27

H.teshima

今週から来週にかけて、TクラフトのSTAG MODELやWoodwordsのコンパクションネットの販売準備に取り掛かります。ランディングネットをお探しの方はお見逃しなきよう!

この場での予告は急な販売だと買い損ねるといった顧客様の声に応えて事前より告知を行なっています。しかしながら告知から販売までの間にメールやお電話などで詳細な販売時期、販売される樹種についてのお問い合わせは、話の方向では公平性を欠くご要望もあり、一斉公開までお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いします。

2018/12/06

スタッフ コーヘイ

有機的なねじれを利用した持ち手。
手に吸い付く様な独特の握り心地の凹凸。
まるで元から一体だったかのように滑らかなフレームとグリップの張り合わせ。
カスタムナイフを思わせるグリップエンドのレザーソング。
極めつけは、贅を尽くした銘木による3層フレーム。
どの個体を見ても、一本一本が凄まじい個性を放つランディングネット「Tクラフト・スタッグモデル」。
素材、造形、技術、使い心地、いずれもまさに一級品。
今回は網色を選んで、自分だけの一本に仕上げる事が出来る「セミ・オーダー」にて12月10日(月)より販売を開始予定です。
組み合わせる網の色一つで、その表情はさらに変化し、まさしく唯一無二の一本が完成します。是非ご期待下さい。