ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  渓流ベイトフィネス   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2021/02/22Takuma様ご投稿バルサトラッド発売

H.teshima

お名前: angler Takuma様
ロッド: マークスパイダー49
リール: アンバサダー2500cl リミテッドエディション
ルアー: バルサトラッド
ランディングネット: grainholic
ライン: バークレー・スーパーファイヤーライン
リーダーGT-R HM
コメント: 待ちに待ったマークスパイダー49に、神代杉のオールウッドハンドルが納品、無事に綺麗なオショロコマで入魂する事が出来ました。石狩川源流部の何千年〜何万年前から厳しい自然化の中で独自の進化を経て世代交代を繰り返してきた本物の野生鱒と千年以上地中で土に還る事なく残り続けた奇跡の銘杢【神代杉】と相まった素晴らしい写真を収める事が出来ました。 本日2回目(これにて最終)のバルサトラッド販売会でございます。洋鱒コレクションは異国の鱒に思い馳せながら日本の渓流を愉しむという提案でありましたが、今後はニッポンの鱒シリーズも充実させねばなりませんね!Takuma様ご投稿ありがとうございます。

本日の道具

先日のディスプレイスタンドと発注が重なる方は同梱を考えております。明日は祭日で店頭営業日ですが、今回のバルサトラッドの受け取りは集計、振り分けが終わっていないため、出来ません。ご理解いただきますようお願いいたします。

2021/02/22HAT様ご投稿バルサトラッド2021年2月発売

H.teshima

お名前:HAT様
ロッド: マークスパイダー51
リール: 2500C
ルアー: バルサトラッド60S
ランディングネット: Tクラフト
ライン: レグロン ワールドプレミアム
コメント:マークスパイダー51と2500Cと相性が最高です。キャストもとても気持ちが良いです。51購入後、ようやく納得のいくトラウト に出会えました。今までとは違う景色に感動しました。 本日いよいよバルサトラッド51を発売いたします。眩しいHAT様の一枚に春を感します。HAT様ご投稿の紹介遅れましたが、今年もご投稿お待ちしています!

本日の道具

先日のディスプレイスタンドと発注が重なる方は同梱を考えております。

2021/02/056ftボロンハンドル対応ブランクの受付開始(アウトバックビリーバー)

H.teshima

トラウトの世界に踏み込んだなら、時には山から降りてみよう。そこは想像を絶する鱒の全力疾走、ミディアムクラスのブランクがフルベンドする狂乱の世界が待っている。4ピース+ボロンハンドルで仕舞寸法は最小。アウトバックビリーバーをたずさえて、いざ鱒旅へ。

本日の道具

写真提供はニュージランド在住の肥後もっこす、熊本出身のノナカタイセイ。いつかの僕のニュージランド釣行を完全サポートしてくれた若きガイドです。僕がはっきり604と674の2機種を作ろうと決めたのは彼とニュージーランドを釣り歩いたこの時でした。昨年はコロナで行けませんでしたが、タイセイに託したアウトバックは次々とニュージランドの鱒をキャッチ&リリースしています。今回は2021年初フィッシュから。

2021/01/30良波様ご投稿

H.teshima

Looking back upon happy stream day! お名前:良波 拓夢様(なんと素敵なお名前!)
ロッド: マークスパイダー 51MLT
リール: アンバサダー2500C
ルアー: バイラ70H
ランディングネット: コンクルージョン26
ライン: PE0.8 コメント: カスケットの皆さまお世話になっております。渓流シーズンも終わり、ひと段落し、家族サービスなどトラウトオフを満喫している今日この頃です。シーズン最終、長年追い求めた魚を手にすることができました。顔つき、体高、コンディション、どれを取っても理想的な魚でした。この魚をピリオドとして、次のステップに進めそうです。 P.S この日、アウトバックビリーバーを使われていた方と川で会い、カスケットの道具で少し話が盛り上がりました。そんな出会いにも感謝しております。来シーズンのアウトバックビリーバーなどリリースされる商品楽しみにしております。 貴重なトラウトオフは心地良い回想と高揚たる妄想の季節。良波様、ご投稿ありがとうございます。素晴らしい魚体、こんな最終形の大鱒が目の前でバタバタと動かれたら、「早く入ってくれ〜」と頭が真っ白になりますね。皆様、良波様のように落ち着いて、取り込みましょう。(笑)最近はパワーゲームのバスフィッシングから始める方も多いので、アドバイスです。細糸、繊細なブランク、フックで40cmを超える渓魚が掛かったら、バスのように八の字返しも出来ませんし、無理してずり上げるとラインか口(身)が切れます。こうした大きさを確認したらとにかくテンション緩めずに、ドラグをやや緩め、少し時間をかけるつもりの及び腰ファイトの方が結果、取れています。(苦笑)来るべき大鱒のためにこのタックルでバスを練習相手にするのもオススメです。皆様も良い週末を!
【追記】
実は、本日の良波様はじめ、昨年のご投稿を紹介しきれておりません。ご紹介都度にピンバッチを送付させていただきます。紹介後、約2週間経っても届かない場合は遠慮せずにご一報ください。また今季は投稿の方法を変更するつもりです。よろしくお願いします。
7月以降製作のロッドブランクスの受注は来週には漕ぎ着ける予定で頑張っています。