ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  サクラマス、ヤマメ/page/3   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2019/01/28スペイサイド・ペルフェバージョン

H.teshima

桜にはまだ少し早い季節ですが、我々トラウトマンの桜といえばヤマメの降海遡上型、銀鱗のサクラマスのことであります。
もうじき2月、昨年の九頭龍川解禁は大雪で大変だったことを思い出します。写真は毎年、九頭龍川のサクラマスをキャッチするレザースタイルペルフェ代表の中塚亮氏です。 スペイサイドの掛ってからの安心感は絶対的なものだと言われています。 そんな中塚氏のスペイサイドは実は特別なものでした。それはボロンハンドル改良時のサンプルブランクでアンサンドフィニッシュ。世の中に1本しかないスペイサイドSPB88HSでしたが、この度、氏を知るペルフェファンの要望にも応えて、スペイサイドブランクをアンサンドフィニッシュにマイナーチェンジ。 レギュラー仕様のコスメもリニューアルを先般予告しておりましたが、中塚氏愛竿の88HSに限り、中塚氏デザインのコスメで販売いたします。 ガイドはトルザイトリングのKLガイド仕様。これまでのガイド設定と比較して約3gの軽量化です。抜け感などもリング口径が大きくなったことで向上しています。 またこのブランクは河川サクラマスだけでなく湖沼でも愛用者の多いブランクです。

本日の道具

2019/01/21スペイサイド、トライアンフ2019NEWコスメ

H.teshima

遡上サクラマスシーズンを目前に控えて、トライアンフTRB83HSとスペイサイドSPB88HSのリニューアルコスメ版が入荷しました。今回からこの二機種は先行マイナーチェンジとしてアンサンドフィニッシュ仕上げとなります。アンサンドフィニッシュ仕上げとは、カーボンを焼き上げた後に外したテープ跡の凹凸を残した表面仕上げになります。研磨・塗装をしないので一発勝負の難しい作りです。 これまで販売したレボリューション、トライアンフ、スペイサイドのブランクは塗装、研磨を繰り返し、表面を平滑にしてからクリア塗装をした美しい仕上げでした。しかし研磨と塗装を繰り返し、最終的に表面塗装も乗せる分、ブランクは自重増に繋がり、ややもたつく感じになるのは否めません。その重さ、だるさをなくしたアンサンドフィニッシュはこれまでと違う使い心地を体験できると思います。*注1 さらにガイドは同番手ながら今回からフジ工業のトルザイトガイドを採用し、軽量に寄与。さらにシャープな使い心地を楽しんでいただけると思います。このガイド設定は同ブランクでレザースタイル・ペルフェ代表の中塚氏が2年前から使用し、実績があります。後の発表となりますが中塚氏が使用しているシンプルなブラックを基調としたスレッドパターンも販売予定があります。
*注1:アンサンドフィニッシュ仕上げの場合、カスタム依頼でクリア塗装をする際は以前のような透明感のある仕上げにはなりませんのでご注意ください。

本日の道具

2019/01/11送料改定(やや遅れている報告)

H.teshima

かねてより予告の送料規定の改定ですが、システム構築が遅れており、現状ではこれまでの規定で受付をしております。 システムが完成次第、規定改定は時間予告なしに移行とさせていただきます。 規定改定後の送料についてはこちらをご覧ください。

カスケットトラウトロッドの8-9ft対応のボロンハンドル(type:G、type:H)の優先販売を本日行なっており、優先時間を過ぎた18時以降は一般販売に切り替えて販売をいたします。
まずはハンドルを入手してから・・・とお考えの方はぜひご検討ください。先に申し上げておきますとtype:Gは優先販売にて完売となっており、一般販売にはtype:Hのみ数本の販売となる予定です。
さて、上写真は昨年、竹内さんが僕の目の前で釣り上げたサクラマス、ロッド:スペイサイドSPB92XHS、ボロンハンドル=type:G
詳しくは下記レポートを参照ください。
北陸サクラマス詣出(1)北陸サクラマス詣出(2)

2019/01/09千葉成也様投稿

H.teshima

Looking back upon happy stream day : Casket Ambassador Seiya Chiba. お名前:千葉成也
ロッド:トライアンフTRB72MHS
リール:10ステラ2500
ルアー:リッジフラット60S
ランディングネット:コンクルージョンSakura curve(黒柿孔雀杢)
ライン:VARIVASマックスパワーPE0.8号
コメント:
お世話になっております。岩手の自然も緑が多くなり、川を歩いて気持ち良い季節になりました。その日も狙いはあくまでサクラマスですが、渓流ライクに遊びたくロッドはトライアンフの72で6㎝ミノーを結び軽快に流していました。「ガツンッ!」と何かがヒットして、直後の首振りに鱒を確信。水面に見えた背中を見ると想定外のサイズでしたが、トライアンフがキレイに弧を描いて粘り強く寄せてくれ、ラストは無事にコンクルージョン!65㎝、3.7㎏の岩手のサクラマス。大切な思い出がまた1つ増えました。 さて、いよいよ年も変わり、トラウトオフ期とはいえ、解禁はどこへ行こうか?そわそわしてくる時節になってきました。昨年のご投稿をこれから少しづつご紹介します。 本日は遡上魚対応のトライアンフ72・サツキマスタックルでの65cmサクラマス、震えるような経験。千葉様、ご投稿ありがとうございました。今年も素敵なお写真稿をお待ちしています。

本日の道具

2018/12/06新井順也様投稿

H.teshima

Looking back upon happy stream day! Casket Ambassador : Jun-ya Arai お名前: 新井順也
ロッド: Markspider MSB51MLT(1&half)
リール: アンバサダー 2500c IAR
ルアー: Dコンタクト
ランディングネット: コンクルージョン st23
ライン: peライン 0.6号
コメント:先日届きました MSB51MLT(1&half)を持って本流上流部に行ってきました。渇水で厳しい条件の中、 大石裏のピンスポットやカバーの下にスパッと入るMSB51MLTのブランクに助けられて沢山のヤマメ達に出会えました。また、良いサイズのヤマメもバットパワーがあるから遠くで掛けてもしっかりフッキングできますね! ボロンハンドルの優先販売も12月中旬を予定しています。今回の該当の優先番号の発表はもう少しお待ちください。
さて今年は梅雨の大雨、台風のあとは全く降らず、厳しい河川も相次ぎましたが、新井様、眩しい太陽の下で清々しいヤマメでございます。MSB51ブランクは早くにご注文いただいていたのに長らくお待たせして申し訳ありません。現在も6ヶ月以上の待ちが続いています。渓流にはシーズンがございますが、カスケットの道具の現在は納期の調整が難しい状況です。どうかご理解の上、ご発注いただきますようお願い致します。