ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  アンバサダー   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

6月より週末土曜日の店頭営業を再開いたします。日曜定休。(カレンダー参照)

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2020/06/05本多様、漆田様、矢野様ご投稿(バルサトラッド)

H.teshima

お客様からいただいたバルサトラッドの投稿をご紹介します。 お名前: 本多 卓
ロッド: MARK SPIDER -FLIPPIN’SPECIAL- MSB49MLT カスタムブランク
リール: Ambassadeur 2500C Deluxe
ルアー: BALSA TRAD 51HS
ランディングネット: コンクルージョンStream26
ライン: VARIVAS Max Power PE X8 0.6号 + ナイロンリーダー6lb
コメント:いつも大変お世話になっております。マークスパイダー49にて初の尺上が釣れましたので投稿させていただきます。ヒットルアーは私が一番信頼しているバルサトラッド51HS。滝つぼに投げ込み水圧で潜らすと明らかに大物のあたりが・・・バラしたくないので49の力で一気に取り込みました。バルサトラッド51HSはいつも結果を出してくれます。そんなバルサトラッド51HSは現在オークションで高価で購入するしかすべがなくそれも残りストックが1個となってしまいました。安心をストックしたいので販売を熱望いたします。何卒よろしくお願いします。 お名前:漆田(青森県)様
ロッド:マークスパイダー51MLT
リール:アンバサダー2500C
ルアー:トラッド51S
ランディングネット:コンクルージョン26
ライン:トラウトプラッキング4LB
コメント:カスケットの皆さんいつもお世話になっております。尺上岩魚をバルサトラッド51Sにて釣ることが出来ました!ピンスポットでの誘いも可能であり、ただ巻きでのアピール力も高く、魚を夢中にさせるルアーだと思います!何度もチャンスをつくってくれていましたが自分が下手すぎていかせずwやっとチャンスをものに出来ました!次は、バルサトラッドで尺ヤマメの投稿が出来るように使いまくってみます! お名前: 矢野様
ロッド: アルセドクライマー 51ML
リール: 19ヴァンキッシュ
ルアー: バルサトラッド51HS
ランディングネット: スタッグモデル
ライン: トラウティストワイルド4lb
コメント: 前回のスタッグフェアにて揃えさせて頂きましたタックルでの釣果です。私の親が猟師をしていた事もあり、幼い頃より親しんだ鹿角を身につけ渓流に入る事ができ感無量です。決して大物では有りませんがこのタックルでの初釣果は一生忘れないと思います。念願のトリプルCも達成致しました。バルサトラッドHSは渓流域の淵のアップから本流域のダウンまでしっかり泳ぎ1番気に入っています。是非またチャートカラーを作成して頂きたいです。

2020/05/19赤ギヤ

H.teshima

2500Cのスプールからレベルワインダーへの伝達をつなぐ箇所をコグホイールギアと言います。現在当店にて預かる「おまかせセット」にはこの赤ギアが使われます。本来は黒が無難なのですが、現在長期欠品中のためです。内部で見えないパーツゆえ構わないという方も多いのですが、実際取り付けてみるとポルシェのブレーキキャリパーを彷彿させる、このチューニング感の主張が粋であります。なにせチューニングするのは赤間ですゆえ。。。ご笑納ください。

2019/12/102500Cチューニング受付再開

スタッフ シゲ

まさに生まれ変わると言って過言ではない2500Cのチューニングサービスが再開されます。約40年前の古いリールであるアンバサダー2500Cが蘇る技術革新は、なによりアベイルの軽量化と精度の高いパーツのラインナップがあってこそであり、さらに組み立て担当の赤間氏によって秘密の微調整が施されて完成します。 さて、今回は初期型のチタンシャフトスプールが入ったパーツフルセットを限定5セット(チューニング依頼者のみ)用意いたしました!!なくなり次第終了です。お早めに。

事前に「持ち込みチューニングについて」のページも見ていただきご注文をお願いします。

本日の道具

AMBASSADEUR2500C 持ち込みチューニング


ベストな状態に仕上げるためにもお預かり期間はたっぷりいただきますので、ご使用予定日がある方は気をつけてください。

2019/09/17北海道遠征 朝食

スタッフ シゲ

【旅の終わりに 〜絶品朝食編〜】 釣りだけではなく、海外で修行されたという料理の腕前も一級品のsaitoさん。朝食に作って下さったフランス産マンステールチーズ入りスクランブルエッグ&ホットサンドはシンプルにして超絶品。気分はフランスの朝でした。 今回、釣りに料理に、写真撮影、動画撮影などなど、旅を全力でサポートをして下さったsaitoさん、本当にありがとうございました。

また、終始一緒に同行してくれたテンシン君、北海道の大自然の食材を使った夕食をご馳走してくださった町議の清水さんもこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

2019/09/14北海道遠征2

スタッフ シゲ

お・お待たせしました!!マークスパイダーMSB49ML’フリッピンスペシャル’の受付準備が整いました。ご注文お待ちしております。 てしまのブログでお伝えしておりますように2種類のラッピング仕様がございます。ご注文いただいてからのご変更がないようお願い致します。カスタム仕様は10月中に受付開始をする予定です。もうちょっとお待ちください。遠征の続きはというと↓↓↓ フィールドを移動し、岩盤で形成された渓相へ。ここでもエグレの中、水中にあるスリットがポイントとなるのですが、僕はこのシュチュエーションでの釣りは少なく、きちんとルアーが通っているのか不安に思っていると、すかさずsaitoさんから的確なアドバイスとフォローを入れていただき、しっかりとルアーを送り込む。 そして次の瞬間「ドスンッ!!」という衝撃と共に49のブランク全体が曲がる!「でっデカイ!!!!」
魚はグワァン、グワァンと首を振り、渾身の抵抗を見せる。胸は高鳴り、少しきつめに絞めた頼りないドラグがギュゥーギューと幾度も出ていく。しかし、ブランクのポテンシャルはすでに体感ずみ、後は運も味方につけ、慎重になりつつまたとない駆け引きを楽しむ。 最後は、マークスパイダー49・フリッピンスペシャルが隠し持っているバットパワーを引き出して、一気にランディング。
「陸封・蝦夷大岩魚」。
ダムによって陸封された環境で、ここまでに育ち、生き抜いてきたこの魚に出会えたことはなによりも嬉しく、saitoさんとまたまたガッチリ握手。旅はつづきます。

本日の道具