ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  アベイル   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】 当店の店頭販売は土曜日と祝日のみです。平日のご訪問は前日までのご予約が必要です。日曜定休(カレンダー参照)

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
プライスダウン

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2019/12/06

スタッフ シゲ

アベイルから発売されたABU Ambassadeur2500Cシリーズ用 アルミオフセットフレーム。紹介しようかと準備を進めていたら、すでに完売しちゃいました。みなさんチェックいただいているようでありがとうございます。次回の入荷は・・・未定です。(汗)今後は金メッキのモデルなど製作計画があるようですし、再入荷しましたらアップしますね。

受付を停止している2500Cのカリカリチューニング受付再開の準備も進めています。もうすこしお待ちくださいませ。

2019/11/19

H.teshima

店頭のデモ用リールをメンテ。試投される方を一投目で驚かせなくては・・・
受付を停止している2500Cのカリカリチューニングは12月から受付再開の予定で進行中です。これまでにお預かりしているすべてのリールがそれまでに完成するわけではありませんが、この冬にご希望のアベイルのパーツを始め、準備をしなければなりません。これまでにお待たせの皆様にはもう少しお時間を頂戴いたします。

なお時々、チューニング済みの2500C本体の販売がないかを尋ねられますが、現在予定はありません。 ハッスルトラッド追加生産は明日販売を予定しています。写真は過日の渓より、angler saitoさんから届いたハッスルトラッドとイワナ。マークスパイダー49も製作に向けて頑張っております。

2019/08/16

スタッフ シゲ

昨日までお盆休みを頂いておりました。本日より営業再開です。
ご注文やお問い合わせを頂いている皆様には順番にご返信させていただきます。
アンバサダー2500Cで欠品していたカスタムパーツ レベルワインダー11本ラインなども入荷しております。
あ、アブこんなに濡らしてはいけません・・・。(汗)その他入荷物もたくさんあり、朝のミーティングでやることリストがすでにいっぱい…今週も頑張ります。

2019/08/03

スタッフ シゲ

マークスパイダーMSB49LMT ”FLIPPIN SPECIAL”の最終プロトと共に向かった北海道。今回は、シーズン当初からフィールドテストを繰り返し行ってもらっているangler saito氏完全サポートのもと、僕も徹底的にブランク性能をテストしてきました。釣行レポは来週にもご報告します。 マークスパイダーとの相性が抜群なアンバサダーですが、持ち込みチューニングの受付を本日(8月3日)より一旦止めさせていただきます。現在多くの方にお待ち頂いている状態の為、これ以上はお預かりするのが難しいと判断いたしました。一台一台しっかり微調整を行わせて頂くためにも急ぐ事はできず、お預かりした限りはベストな状態でお届けしたい思いですので、何卒ご理解頂けますと幸いです。受付再開時は、またご案内させていただきます。アベイルパーツは引き続き販売を行っております。どうぞよろしくお願い致します。

本日の道具

2500Cチューニングパーツ


渓流用にチューニングする際にはもれなく交換を。

2019/07/24

H.teshima

僕が渓流の現場に持っていくタックルバッグです。手は一つしかないのにね・・・(苦笑) 「はじめて投げるけど最初に試すセッティングはどのくらいですか?」とよく聞かれるので僕のセッティングを紹介します。 まずキャスコン(左サイドプレートのダイアル)はスプールが左右にカタカタと動かなくなるギリギリのセッティングで止めて、ここを「ゼロ目盛」に合わせます。ここがすべての基本です。バスフィッシングでは重いルアーや空気抵抗のあるルアーなど様々な場合はキャスコンを微妙に締めたり緩めたりして調整しますが渓流での3.5〜5g程度のルアーではこのゼロ目盛を動かさずに投げています。 安定したキャストを支えるのはブレーキシステムですが、僕はマグネット派です。遠心ブレーキを使わない理由は濡れた時の復活が早いように思うからです。写真のリールは1500Cです。スプールは1520R。マグネットは3.5mmを3個。僕の振り加減、力加減だと着水のタイミングはこのくらいがロングキャストもショートキャストもちょうど良い加減です。(もしくは4.0mm2個、3.5mm1個でも良いかも) 万一、現場で調整が必要になった時のセットも入れています。中身はこんな感じ。 さらにカスケットのボロンハンドルを使ってくださっている方は付属のシリコンゴムを一箇所挟んでもらうと釣りの最中に緩みません。締めすぎには注意ください。木部にフットが食い込んで取れにくくなる時があります。(よほど取れない時はフットのスライドバンドを手またはゴムハンマーで軽く叩くと傷もつかずにするっと取れます。) 欠品だったアベイルパーツなど再入荷しています。詳しくはこちら