ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>    過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2018/03/29ニュースサイト更新

H.teshima

ニュースページを更新しました。
今後はご覧のページ内容となります。変わらずチェックのほどよろしくお願いします。
【このボタンはニュースブログ総合(3名同時で新着順)】

【このリンク先は記事作成:手島浩志】

【このリンク先は記事作成:古和康平】

【このリンク先は記事作成:椎葉茂雄】

2018/03/28A&F小物入荷

スタッフ コーヘイ

欠品していたA&Fの小物類が入荷して参りました。いずれも有ると役立つセレクトアイテム。渓流のお供にどうぞ。

本日の道具

A&F コフラン・モスキートヘッドネット

¥450+tax

これで「めまとい」の煩わしさとはオサラバ!!小さく畳める虫除けネット。

A&F ピンオンリール

¥900+tax

なんだかんだでこれが一番シンプル。クラシックスタイルには欠かせません。 ラインカッターやピンセットとセットでどうぞ。

A&F ベアーベル

¥3,700+tax

部位によって真鍮の厚みを変えている!とはメーカー談。たしかに聞き惚れるような美しい音色の熊鈴です。

A&F ブラスホイッスル

¥2,400+tax

ここの真鍮物、ホント良いです。一生壊れる事が無さそうなソリッド感がたまりません。渓流で声が通らない時の合図に必須です。

2018/03/27フィルソンセール情報(長濱さん)

H.teshima

フィルソン

フィルソン(ダウンベスト)をはじめ、冬物の一部をセールしています。桜は咲きましたが、まだ肌寒い日もあるのでオススメです。

セール情報はこちら

ところで写真のダンディはカスケットの店舗建築の設計、施工を担当したthink builderの長濱さんです。

現場監督として経験も長かった彼は細かな設計において、実際的な配慮が素晴らしく、とても快適。古くなっても経年変化が格好良くなる部材を探してくれて、僕も大満足な店を作ることができました。もしも建築でご相談がある際は僕が自信を持って紹介しますよ。

「帽子(ドゴール)もよく似合っているよー!」と言ったら全部お買い上げくださいました。あざーっす!

2018/03/27デコレーション+

スタッフ コーヘイ

昨日に続き、ペルフェットより「デコレーション+」のヤマメとアマゴが再入荷しました。その造形を一目見れば、生産が追いつかない理由もよく分かるこのブローチ。シビれるような緻密さと迫力は圧倒的です。実は前回の生産分よりブローチ部分が新しくなっており、トラウト特有の鋭利なフォルムに更に磨きが掛かっています。ベストに、バッグに、はたまた趣味部屋のデスクにどうぞ。 スタッフ コーヘイでした。

本日の道具

ペルフェット デコレーション+各種

¥8,800+tax

魚類模型作家:吉田光氏とペルフェットのコラボレーションブローチ。ルーペで覗きたくなるほどの緻密な造形と、絶妙な体色の表現はさすがの一言です。

2018/03/26斉藤様投稿マークスパイダー(2)

カスケット ユーザー投稿

2018’NEW REPORT “MARKSPIDER MSB51MLT(1&HALF)” CASKET AMBASSADOR ENJOY FISHING CHANNNL この河津桜のもとには日本一の山葵の出荷を支える天城の山塊を水源とする清流が流れています。 この山葵を鮫皮でおろして頂くお刺身は最高であります。 預かりましたマークスパイダーMSB51LT 1&Halfのポテンシャルをまず持ち込んだのは、よりテクニカルで極めてピンポイントな精度を要する源流部を選びました。1400mの山塊から大海の河口まで20kmで落ちる流れは山岳渓流そのもの。狙いは木々の張り出す下に流れる小さな落ち込み脇のポケットウォーターや石の中のエゴにアプローチ。サイド、バックは当然のことフリップキャストなども多用するまさにキャスティングオリエンテッドなフィールド。 きちんとプレゼンテーション出来れば無邪気な天魚がご気味良い魚信で答えてくれます。ここに今回のこのマークスパイダーMSB51LT-1&Halfに秘められた真骨頂があります。 それは新たなテーパー設計によりキャスト時のエネルギー入力の強弱に関わらず一定の精度が出せるようになっていることです。この天魚はかつて各地のフィールドへ在来種としても提供された貴重な原種です。特徴的なパーマークと控え目な朱点など、太古よりこの天城の山塊の流れの中で命を紡いできたまさに自然の宝石です。 実は今回マークスパイダーMSB51LT 1&Halfとコーディネートしましたスタッグのボロンハンドルやランディングネットはこの原種の天魚と河津桜をモチーフに彩りたかった題材です。この山塊は鹿たちの住処でもあり、私たち釣り人が通り過ぎるのを日々何処かで見ていることでしょう。 スタッグはそんな山に棲まう生き物たちへの敬意のオマージュでもあります。 また今回結びましたのは先月久しぶりに再リリースされたばかりのトラッドミノー50S。 相性はもう抜群!そのキャストフィールは超絶快適でした。カラーは山毛欅の杜の流れに特徴的な黒っぽい底石を考慮して新色プラッキンゴールドヤマメ。使い勝手はもちろんのこと視認性もよくお気に入りです。 またこのロッドのもうひとつの特徴でもありますフッキング性能についてですが、次の日に流れを降り銀毛の本流天魚を相手に開けたやや広い流れで遠投をしながら体験してまいりました。 カスケットさんが提案する渓流ベイト。トラディショナルでいてそしてモダン。なにより流れの中のこの佇まい。河原というキャンパスに日本ならではの季節と景色を渓魚と共に彩れることの幸せ。カスケットさんには本当に感謝しています。 そして新たなマークスパイダーMSB51LT 1&Half、いまはただ正式リリースが待ち遠しいですよ。 Enjoy Fishing Channel様、熱いご投稿ありがとうございます。 見応えのある魚のカットは後ほど改めて公開するとして、まずは試作ブランクでのキャストを動画でご覧ください。惚れ惚れするようなキャストの連続、もう僕の語る出番なし!?(汗)ここまで氏に惚れ込んで紹介いただいた試作1&Halfロッド、定番であれ、限定であれ、もう販売しないわけには参りません。こちらも今期に間に合うよう進めて参ります。