ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  シムス   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄
Cマイル・アップ対象

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2022/09/26SIMMS・ヘンリーズフォーククルー

スタッフ コーヘイ

その抜群の難しさ、魚のコンディションの素晴らしさからフライフィッシングの聖地と呼ばれ、世界中の腕自慢達が集う銘川「ヘンリーズフォーク」。その名を冠したシムスのロングスリーブTシャツが入荷しました。 オーガニックコットン、リサイクルポリエステル、レーヨンをブレンドした杢調の生地は、機能最優先の速乾Tには無いナチュラルな肌触り。そして釣りに着るだけでは勿体無いオシャレ感。シンプルな胸ポケットを備え、袖リブには親指を通して手の甲を覆うことが出来る機能がついています。 裏は細かくパイル状になった、いわゆる「フレンチテリー」。実際に袖を通すと、想像よりドライ感のある肌触り。てっきり秋冬物かと思いきや、生地も厚くも薄くもなく。これなら夏以外の3シーズンは活躍しそうです。 機能だけを求めるのではなく、クラシックなデザインと、肌触りの良さも追求したところに大人の余裕を感じるロンT。その名の通り、ゆったりとした湧水河川での釣りに着たくなるような、優しい一枚です。

本日の道具

2022/09/23本日のトルソー

スタッフ コーヘイ

街でもフィールドでも重宝するシムスの大定番「ローグフーディー」に秋冬の新色が追加されました。「CLAY」は赤粘土を意味する名称。SIMMSらしい渋めのオレンジは、意外と何にでも合わせやすい色。緑の多いフィールドで実によく映えます。 「Dark Stone」は苔生す岩のようなオリーブグリーン。こちらもまた使い回しの効く素晴らしいカラー。長きにわたって販売しているローグフーディーですが、意外とこの手のカラーは過去に無かったかもしれません。 柔らかでフーディらしい着やすさと、小雨程度ならモノともしない抜群の撥水性を併せ持ちながら、グッと抑えたこの価格。一枚持っていて損はしないテクニカルフーディーです。店頭にもございますのでご来店の方は是非お手にとってご覧ください。

本日の道具

僕(てしま)が使っているウエーディングブーツは写真の3足です。フェルトは張り替え期間を見越して2足。ソールは全てウールに変えており、右のガイドブーツは4回張り替えてまだ使えています。そうしてビブラムソールは今年の新作フライウエイトアクセスの1足で僕の釣りを回しています。 ずいぶん前のブログにも書きましたが、僕はこのゴツメのアッパーシャフトの分厚いブーツを愛用です。足首をしっかりと固定できるので、不意に足首を捻ってしまうトラブルに遭いません。長時間歩くと最後は足首、膝がガクガクと緩んで、岩の形状を見誤って足首を捻ると大変ですからね。 先にも書きましたが僕は最初に付いているシムスのアクリルフェルトを数回使うとウールフェルトに取り替えます。初期設定のフェルトは硬いので減りは遅いですが岩への食いつきが悪く、スパイクビスが必要なことが多いです。そうして10回ほど使うと圧縮が進んでカチコチになってしまいビブラムよりも滑りやすくなると感じます。是非早めにウールフェルトに交換を! 【ワンポイントアドバイス】
僕はウールフェルトを貼るとすぐに、剥離防止に爪先、踵にビス(18mmビスを4〜8本)を打ち込んでいます。こうすると減ってしまう最後まで外れにくく、かつ減りを軽減できます。硬いフェルトのように足裏に数カ所打つのはお勧めしません。打ち過ぎると柔らかく吸い付くようなウールフェルトの追従性を損なう可能性があります。 ビブラムソールのフライウエイトアクセスは乾いた陸路を多く歩く場面で重宝しています。少しくらい濡れた渓流もこなせるビブラムに進化が進みました。こちらはアッパーシャフトも短く薄めで軽快。足首が曲げやすいので歩きやすく疲れにくい。しかし今年レッグゲーターで使用するとアッパーシャフトが細く短いのでゲーターの固定が弱く、ずり上がってくることが判明。実は来季のゲーターはリニューアルを予定しています。

本日の道具

動画内でカスケットに送って貼替えをするサービスを言っておりますが、貼替えサービスは終了しています。ご自身で近くの靴屋さんに持ち込んでください。

2022/09/12コンパクションネット

H.teshima

横向きの光が差し込むようになって、いくぶん日陰は涼しくなりましたが、直射する太陽はまだ熱波を感じます。ウエーダーも持って行ったけれど、十分暑いのでゲータースタイルで入渓。もはや九州渓流の9月に、秋ヤマメは期待できないのかと嘆く。 それでも源流付近で不意の大型に備えて、コンパクションネットとコンクルージョンの二刀流で歩きます。コンパクションネットは内径30cmでフレームの剛性もしっかりしており、大物にも十分対応します。しかし30cmを下回る小型の渓魚にはちょっと大きい。美しさを強調したい可憐な写真を撮るにはコンクルージョンがしっくり合いそうです。最近この「二刀流」という響きが大谷選手のおかで「どっちつかず」な雰囲気を一蹴して、とても心地いいなと勝手に思います。 14000歩歩いたところで、この二刀流が奏功しました。雰囲気あるのに圧倒的に出ない区間に歩き疲れた頃、分厚い背中を持った40cmを超えたレインボーが試作カラー(シェル)のトラッドミノーを咥えました。もんどり打つ大きな魚体に、これは背中のコンクルージョンではなく、腰のcaseに仕舞っていたコンパクションネットで対峙しなければと思いました。
さて、今日はここまで。
今週はベゼルグリップとコンパクションネットを9月14日に販売する準備を進めております。今週も頑張って参ります。ご注目ください。

2022/09/09SIMMSブーツようやく入荷!!

スタッフ コーヘイ

SIMMSのフェルトソールブーツなど、今年未入荷だったモデルが9月12日(月曜日)にようやく入荷します。(ギリギリだけど、なんとかシーズン中に間に合ってよかった・・・)皆様本当にお待たせいたしました。ご予約のお客様には本日入荷のご案内を入れさせて頂いております。万一ご連絡が来ていない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがご一報頂けますと幸いです。

本日の道具