ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  leich   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2020/06/09寺島先生を偲んで

H.teshima

偏光サングラス「P3-ゲンズブール」を今週末(12日)で締め切りいたします。完全に受注生産です。渓流はもちろんオフショアの釣りでも大活躍のフレームです。
Leich、P3-ゲンズブールなどカスケット企画の偏光サングラスはこちら
さて写真は懐かしい一枚。フライの寺島先生とクルーズにご一緒した時です。
僕らの釣りの恩師、寺島先生が先月、逝去されました。 昨年末はフライミーティングを主催され、年末は二人で宮崎へヒラスズキ(フライ)、僕は大波被ってバラシて終了。美味い宮崎牛とビールの焼肉反省会が今は懐かしい。現場でのキャスティングクリニックはあれが最後だったと思うと、魚狙わずにキャストだけ習っておけばよかった。冬にはご自宅へ行ってタイイングの動画を撮ったり、ギリギリまで僕らにフライフィッシングを伝えようとしていました。

先生のPCのデスクトップには僕が撮った写真が一枚だけあって、奥様から「遺影に使ってくれのつもりかも」と葬儀で使っていただきました。(上)まだまだ習いたかったことばかりで、大きな目標は天国へ行ってしまいました。スタッフの康平は葬儀で号泣、ご家族には先生を倣ってフライ啓蒙を頑張りますと宣言していました。
これからフライの話題に触れるたびに寺島先生の教えやエピソードを回顧したいと思います。

2020/06/04Leich|リイチ

H.teshima

サンプラチナ眼鏡の偏光グラスにご注文いただいた皆様へ、ありがとうございます。ご注文の方からご質問いただいた内容を加筆し、こちらのページにまとめました。ネーム由来も掲載。
なお、今回のサンプラチナフレームは偏光サングラスのチューニングとして、ブリッジ部分から外側に向けて角度をつけてフレームをカーブさせております。これは顔にわずかに添わせて、背面光を少しでも軽減する狙いです。そこで度付きレンズを希望される方の場合はこのフレームカーブをフラットにしてレンズなしでお届けします。(偏光レンズ代金差し引きます。)

2020/06/02サンプラチナオーダーサングラス

H.teshima

最近、カスケットは眼鏡屋か?と言われそうな勢いです。(笑)
サンプラチナ眼鏡「Leich・リイチ」の受付ページを作成中です。受付中のゲンズブールもオススメですが、クラシックに拘ったサングラスもいかがでしょうか?サンプラチナ眼鏡は受注後約2.5ヶ月で完成予定です。

2020/05/30サンプラチナブランド「Leich」誕生

H.teshima

P3-ゲンズブールの受付を昨日から開始しました。もう一つ、僕が進めるクラシックなサングラスの受付も時期に開始します。 今年のカスケット偏光サングラス企画で同時進行しているのがサンプラチナです。鼻パッドにもチタンを使ったフルメタルな眼鏡のブランド名は「Leich|リイチ」とし、モデル名:SPM987、SPM901に決定しました。ブランド名は職人さんのお名前から(正式には坂本眼鏡製作所)です。型色名はポルシェのヘッドライトの形からインスパイア。(後日紹介します。) サンプラチナは合金で錆にも強く、磨きだけで光沢を得られる特殊な金属です。金属アレルギーなどの人体にも影響を及ぼしません。 作家の利一さんは鯖江でも少数のサンプラチナだけを使い、手曲げ製法で眼鏡を作る職人です。言わば一点もののを作り続けています。ですから厳密には左右が違う、眼鏡に味わいが伴うのです。もっと言うならば1点づつの手作りですので若干のサイズ、形状変更にも対応できるメリットがあります。顔の大きな方はやや広めにお作りします。 写真は福井県のwhoozyさんが僕の代わりに撮って来てくれました。本当は4月に鯖江に打ち合わせへ行く予定でしたがコロナの制限で中止にしたのでした。 ところで、このLeichにはクリップオン偏光レンズは、オススメしません。それはフリップを上げる度に細いので外れやすい、サンプラチナ自体の光沢で裏反射を起こしやすく、使いにくいと僕は感じました。これが二年前に仕掛かって途中で断念した理由です。 あの時はクリップオンにできなければ意味がないと思っていましたので・・・。
こちらも来週には受付を予定します。納期は手作りですので受付より2.5ヶ月の予定です。皆様も良い週末を!