ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  シムス   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2020/10/21シムス・エクストリームジャケット

スタッフ コーヘイ

SIMMS秋冬の新作の中でも個人的に最も驚いた商品が「EXSTREAM JACKET」。パッと見では、よくある「薄手のダウン系」なのですが、そこには革新的な技術が詰め込まれているのです。中綿は、羽毛に代わる人工素材として開発された「プリマロフト」の最新バージョン「プリマロフト・シルバー・サーモプリューム・ブロワブル・ウィズ・クロスコア」という、とてつもない名称の物を採用しています。(笑) 過去のブログでも触れたことがありますが、「クロスコア・テクノロジー」というのが、99%が空気で、凍った煙とも呼ばれる地球上最軽量の個体『エアロゲル』を、従来のプリマロフトに融合させたもの。繊維そのものが空気層を持っており体からの熱を直接蓄える能力が有るため、抜群の保温力を発揮する上に超軽量、おまけに潰れても復元する能力が高く、撥水性まで備えているそうです。 そして「サーモプリューム・ブロワブル」というのが新テクノロジー。これまで化繊中綿といえばシート状が大半でしたが、これは「羽毛」のような形状の個体の集合体。早い話が、ついに人工素材で「羽毛」を作り出すことに成功したと言えるのです。軽さや保温力は、勝るとも劣らぬ性能を持ち、濡れることで保温性を失う羽毛と違って、保温性を維持するというのですから、もう死角なしと言えます。業界ではすでに「ついにダウンを超えた」と言われているこの素材。いち早く採用したSIMMSの開発陣には頭が下がります。 もう一つすごいのが、このボディ部分のステッチ。いや、正確にはステッチではありません・・・縫ってはいないのです。縫製をなくすことで、糸も針穴もない。つまり極めて水を吸いにくく、軽量化にも繋がっています。 袖口の素材も地味〜に進化。これまでのような生地によるパイピングではなく、やや硬質なテープ状のものに変わっており、格段に耐久性がありそう。一見するだけではとてもわかりませんが、実は恐ろしく進化を続けているのがSIMMSの中綿ジャケットなのです。

本日の道具

2020/10/19シムス・ネックゲーター各種入荷

H.teshima

昨日は一人カヤックでシーバス。アウトバックビリーバー77のテストもイトウ、アメマス、本流ヤマメ、シーバスとずいぶん試してきて、構想における細設定も固まってきたかと思います。釣果は後ほど動画まとめます。
さて、暑さ対策のサンゲーターはもはや最近の釣りの必需品になっています。バス業界も含めて各社出していますが、シムスのサンゲーター開発は早かったので、先駆けの細かなノウハウがあるように感じています。冬用のゴアテックスなど各種入荷しており、夏用のサンゲーターもライペリアン・カモを早々に入荷させました。

本日の道具


ゲンズブールも一部入荷してきました。ご予約の方へ連絡を進めています。

2020/09/30シムス コールドウェザー・シャツ

スタッフ コーヘイ

シムスで秋冬の大定番と言えるのが、こちら「コールドウェザー・シャツ」。フランネルシャツの裏地にサーマルを用いた暖かな1枚です。色柄を変えながら毎年出ますが、実は少しずつ仕様も変化しています。 2020年モデルの特徴は、これまでより「ライト」な一着になったという事。裏地のサーマルは、起毛が少し短く、密度が低い生地に変更されています。結果として少し薄手になりましたので、重ね着しやすくなったと感じます。 また、本体部分の裏地は起毛したサーマルの表側、袖部分はサーマルを裏返して使ってあるため起毛していません。これは重ね着する際に袖を滑りやすくするための工夫。現場の声を活かした改良は、さすがシムス!! ボタンもこれまでのメタルボタンから、樹脂ボタンへ変更。重厚な雰囲気から、普通のネルシャツといった印象に変わりました。 日本ではあまり見かけない絶妙な色味のチェック柄もアメリカらしくて良いと思います。特に画像のカラー「Dark Bronze Buffalo Blur Plaid」は今期の「ドックウェア・シリーズ」と相性抜群です。

本日の道具

2020/09/29SIMMS DOCKWEAR OIL CLOTH CAP

スタッフ コーヘイ

今期、SIMMSキャップ中でコーヘイ的ブッチギリおすすめなのが「DOCKWEAR OIL CLOTH CAP」。 ジャンピングトラウトのレザーパッチ、オイルドコットン生地にキルティング・ステッチ、いやもう雰囲気抜群です。 素晴らしいのが調節ベルト。ベルクロ式で無段階に調節できるので、様々なサイズの方にぴったりフィット。 中綿などは入っていませんので、春秋冬の3シーズンは使えちゃいます。ヒタイ部分の裏地に使われたネル生地もGOOD!! シムスにしては、珍しくクラシックな素材使いで作った1枚。毎度ですが一度無くなったら、か〜なり入手が難しくなるのでビビッと来た方はぜひお早めにポチッとしてくださいませ!!

本日の道具

2020/09/04シムス・GTS Padded Cube

スタッフ コーヘイ

SIMMSが提案する「釣旅」のためのバッグ群、ギア・トランスポート・システムのミニバッグ「GTS Padded Cube」が入荷しました。SMLの3サイズがあるのですが、まずは一番使い勝手が良さそうだと感じたSサイズからご紹介。 内部はジッパーポケットとそのサイドのフリースペースの3機室。「22x13x8cm」というサイズは、日焼け止めや各種薬、簡易的な救急セットなどを入れておくのに便利なサイズ。内壁3面にはパッドがはいっていますのでカメラや携帯の充電器、予備バッテリー、SDカード類など電子機器を入れて置くのにも良いと思います。 素材は、通常のナイロンの7倍の強度を持つと言われる「コーデュラナイロン」。長年の使用やラフな扱いにもヘコタレません。また格子状のリップストップ織りは、万一穴が空いてしまった時にも生地がそれ以上裂けるのを阻止します。 地味だけど使い勝手に影響するのがジッパー。これはダブルジッパーになっていて、左右どちらからでも開閉が可能。シングルのジッパーよりも便利だと思います。 外側スペースだって無駄にはしません。アクセサリーループを設けることで、コードやカラビナを装着可能。バッグ同士を固定すれば紛失や落下を防ぐことも出来ますし、目印を付ければ内容物をわかりやすく整理するにも役立ちます。小さいけれど非常によく考えられたトラベルポーチです。

本日の道具