ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  ゲンスブール   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2020/06/09寺島先生を偲んで

H.teshima

偏光サングラス「P3-ゲンズブール」を今週末(12日)で締め切りいたします。完全に受注生産です。渓流はもちろんオフショアの釣りでも大活躍のフレームです。
Leich、P3-ゲンズブールなどカスケット企画の偏光サングラスはこちら
さて写真は懐かしい一枚。フライの寺島先生とクルーズにご一緒した時です。
僕らの釣りの恩師、寺島先生が先月、逝去されました。 昨年末はフライミーティングを主催され、年末は二人で宮崎へヒラスズキ(フライ)、僕は大波被ってバラシて終了。美味い宮崎牛とビールの焼肉反省会が今は懐かしい。現場でのキャスティングクリニックはあれが最後だったと思うと、魚狙わずにキャストだけ習っておけばよかった。冬にはご自宅へ行ってタイイングの動画を撮ったり、ギリギリまで僕らにフライフィッシングを伝えようとしていました。

先生のPCのデスクトップには僕が撮った写真が一枚だけあって、奥様から「遺影に使ってくれのつもりかも」と葬儀で使っていただきました。(上)まだまだ習いたかったことばかりで、大きな目標は天国へ行ってしまいました。スタッフの康平は葬儀で号泣、ご家族には先生を倣ってフライ啓蒙を頑張りますと宣言していました。
これからフライの話題に触れるたびに寺島先生の教えやエピソードを回顧したいと思います。

2020/05/26P3-Gainsburg着用イメージ

H.teshima

鯖江より価格・納期出しに時間がかかる様子ですので長い説明にお付き合いください。 拡大はこちら オススメのレンズカラーはやはり明るめのコンベックス偏光レンズです。
コンベックスは福井県鯖江で開発された最新の偏光レンズです。明るいレンズなのに偏光度99%以上を確保。当然見やすい。そして様々な偏光レンズを使ってきた手島が他社と比較して強度・耐久性にも優れたレンズだと太鼓判を押します。
・フェザーグレイ:偏光度99%以上、可視透過率38%(色変化少なく、ハイコントラスト)
・フィールドグレイ:偏光度99%以上、可視透過率38%(色変化少なく、明るめ、実質、可視透過率は40%に感じる)
・シューターグリーン:偏光度99%以上、可視透過率37%(目に優しくやや黄色っぽいレンズ、ハイコントラスト)
そのほかのレンズカラーが希望の場合は上写真を参考にご検討下さい。

2020/05/25P3-Gainsbourg

H.teshima

「格好良い人はそのままに、そうでもない人でも格好良く見えるサングラス」と僕が言ってきたこのサングラスは前回まで、Protect Threeと名付けていましたが、やはり個性的な呼称が欲しいという要望に応えて、「P3-Gainsbourg」通称「ゲンスブール」と呼ぶことにしました。

ゲンスブールはスタッフたちが知らなくて驚いてしまったのですが、かのブリジットバルドーやジェーンバーキンといったフランスの美人にモテまくった、そんなに格好良くないおじさん(セルジュ・ゲンスブール)。失礼、作詞作曲、歌手、映画もできる才能豊かで破天荒な叔父様です。

シャルロット・ゲンスブールの父であり、「ゲンスブールと女たち」という映画もあります。
serge gainsbourg sunglassと画像検索すると、こうしたラージフレームなサングラス姿がいくつか出てきますよ。
ともあれ、美人にモテまくったゲンズブール。彼にあやかって僕らは魚にもモテたい。そんな想いを込めたサングラス。形状も1stから改良を加え、受付準備を頑張っています。 格好良い人代表はangler saitoさんを紹介しときますか。僕は醜男の希望の星としてゲンスブールを目指しましょ!