ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  ブレイドジャックガウディ   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄
Cマイル・アップ対象

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2022/03/14神山様中禅寺湖ご投稿

H.teshima

お名前:神山 忠様 トライアンフTRB83HS 14ステラc3000hg ジャックガウディー(24金メッキ) 自作ハンドメイドランディングネット pe0.8号 カスケット の皆様いつもお世話になっております。遂に解禁を迎えた中禅寺湖、いつものように強風、極寒の厳しい環境の中駆け上がりを丁寧にトレースした所、嬉しい1匹をジャックが連れてきてくれました。これからも通い続け良い魚達との出会いを愉しみたいと思います。 神山様、中禅寺湖投稿(2021年)ありがとうございます。もう時期解禁ですね!神山様のお写真を見てまた今年も行ってみたくなりました。
表彰台という釣りがまったく似合わないカスケット(僕、手島)ですが、もっと似合わないフィッシングライターの宮沢氏が芦ノ湖の大会で3位入賞しました。それもブレードジャックガウディで大型レインボーが連発だったそうです。 ざぶんざぶんのボートの上から鼻息荒く、途切れ途切れの電話で、
「はあ、テッシー、、え、エレキが、、、ジャックがね・・・」
「それとブレードが・・・」
と呻くものだから、船が転覆しそうで何か落としたのかと思っていたら、凄い釣れてるよという実況だったようです。電話は途中で切れてしまったので、放っていたら、こんな写真が!(驚)(何かあったのも事実だったようですが・・・・)

ともあれ宮ちゃん、芦ノ湖があなたに伊勢原釣具を早く復活させなきゃね。と言っているようです。
宮沢氏の「まあまあ日刊イセツリ通信」。ご覧になってください。

本日の道具

2021/10/27動画更新とブランク受付

H.teshima

マークスパイダーMSB483での釣果レポート動画をアップしました。スタッフシゲが「ジャックガウディ+BRADE」だけを使うという縛りで行ってきました。「ジャックガウディ+BRADE」の使い方の参考になれば幸いです。

動画の最後に2022年度のマークスパイダーブランクの受注予告を掲載。どうぞ最後までご覧くださいませ。
リップの取れてしまったTRAD50SHSがあったので、BRADEをつけてみました。しかし、先を越されました。。。。
(お二人とも画像が荒いのが惜しいです。)
お名前:澤田様
ロッド:RB51MLS
リール:カーディナル C3
ルアー:ハッスルトラッド502(リップレス)+BRADE
ランディングネット:コンパクションネット
ライン:PE0.8号
コメント:先日届いた+BRADEにハッスルトラッド502リップレスを結んで出たイワナです。+BRADEのアピール力に驚かされました。 澤田様、ご投稿ありがとうございます。これこれ、やってみたかったのです。このコンセプトでいくつか試作も作ってみたいと職人と話していました。 マゴチにナマズ・・・! さらには熊本の双原さんから、ソルトな投稿をいただきました。昔ザウルスのヒラスズキテスターをされていた双原さん。昔はそれこそクルーズの赤間さんとも一緒にシイラ釣り大会や苓北の磯に連れて行っていただきました。お元気そうでなによりです。 「+BRADE」なんだか色々な魚に効く場面がありそうです。

2021/09/15雨が降る前に

スタッフ シゲ

週末に台風が迫っています。臨時休業も検討していますが、先週末の僕はそれよりも今年の渓流の締めをいつどこでするかを悩んでいたのです。土曜の夜、いちかばちかで雨予報の谷に向けて出発しました。 なぜなら、僕にとって待ちに待った「イチイの木」のコンパクションネットが出来上がってきたからです。 「イチイの木」とは神前の玉串にも使われる神聖な意味があります。花言葉は高尚。緋色の赤い花を付け、名前の由来は一番緋色の木、つまり「一緋」から来ているとも言われます。瘤杢の模様は大したことはありませんが、僕は木の意味や古来の用途に惹かれてこの木をヤマギシさんにリクエストしました。(待つこと3年 苦笑) 発売したばかりの+BRADEジャックガウディにも興味があります。使い方が分かってきました。(後日動画をまとめます)マークスパイダーMSB483とABUアンバサダー。谷では小さな雨が降っていましたが、勝手知ったるこの谷はこのくらいの雨では濁らないことを僕は知っています。 +BRADEジャックガウディでヤマメが次々と答えてくれました。この日の僕はこのルアー縛りでした。そしてとある支流の合流で一瞬ヤマメが動いたように見えました。大きそうな気配を信じて何度も+BRADEジャックガウディで粘っていると、ついにヤマメが+BRADEジャックガウディを咥えました。 待望の雄の尺ヤマメ。緋色をまとった秋のヤマメです。マークスパイダー、2500C、イチイの木のコンパクションネット、準備したもの全てが僕の満足を増幅させてくれました。気圧の変化に弱い僕をイチイの木が動かしてくれたような気がします。なんとも言えない充足した気持ちになれた週末でした。 今度は「イチイの木」のリールシートもお願いしたいな・・・そんな希望も湧いてきた、スタッフ椎葉でした。

本日の道具