ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  ハッスルトラッド/page/20   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】カレンダー(店頭営業日)を更新。平日は通販のみ対応。お問い合わせは「よくある質問」をご覧になってからお願いします。

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
カモフラージュ柄
Cマイル・アップ対象
特価セール品
予約受付中アイテム

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2018/05/15MSB51MLTの予告

H.teshima

昨日紹介のRB51MLSには続きがあります。それは亜種としてマークスパイダーMSB51MLTを企画したことです。
*本日の写真はEnjoyFIshing様にテストブランクを託しており、釣果報告いただいたものです。(2018.03.26ニュースも参照ください。) マークスパイダーとは「渓魚を狙う蜘蛛」を意味し、アンバサダーから吐き出される一直線のラインに蜘蛛の糸を連想したカスケットのベイトフィネス専用ブランクの総称です。レボリューションRB51MLS設計完了の後、このブランクの真骨頂である1ピースに近い1&ハーフのブランクならばアンバサダーをメインリールとしたフリップキャストに理想的なテーパーを探れるのではないかと試行錯誤を始めました。 つまり、渓流ルアーの標準的な重さ(3〜4g)をティップのしなりだけで精度良く、簡単に投げることができるブランクを目指します。ライトクラスのティップを持つアルセドクライマーのACB52LS-4がこのキャストをとてもしやすいことはEnjoyFIshingさんから伝わってきました。彼はとてもキャスト技術があるので、このライトクラスのスローテーパーロッドを意のままに操っているようでした。このブランクは非常にフィリップキャストがしやすいのですが、一つ問題があるように感じていました。それは巻き取りの遅いベイトリール独特のフッキングパワー不足です。ここはレボリューションのようなエキストラファーストなロッドが得意とするところで、新たなMSB51MLTにはこの両者の良い所取りを目指してみることにします。 投げやすさに執着した可変部分は神経質なまでに長さを調整し、つなぎ部分に少しだけ目印の細工を施す。この目印とはキャストする時、「ここから押し出すとちょうどフィリップキャストの加減の調整ができますよ」というロッドからの信号目印です。この感覚は投げていただければどなたにも感じていただけるはずです。(上手になったと錯覚するかも)そうして、そこからバットに続く部分からこそ、レボリューションを彷彿させるフッキングパワーがめりめりと見え始めてくるのです。 以下、EnjoyFIshing様からいただいたコメントです。 前寄りについたテーパーはてしまさんのおっしゃる通り、とにかくフッキングがカチンと出来ていいです。またやりとりにおいても1&halfならではでしょうか、綺麗にベンドするブランクスは安心感もありまたハリがあるので負荷が掛かると可変してグイグイと粘るのは不思議です。パワフルなバルキーな渓流レインボーもアップでもフッキングもあっち行ったりこっち来たりのドダバタファイトもマークスパイダーはしっかり仕事をしてくれました。(つづく)

2018/04/23漆田様の投稿2017ハッスル予告

カスケット ユーザー投稿

Looking back upon happy stream day ! : Ryouuetsu Urushida(2017′) 尺山女魚を狙いたく、渓流に足を運んでいますが、今シーズンはどうやら岩魚に愛されているようです。
水温が下がってアップで狙ってもチェイスで終わってしまう為、ダウンで狙うもテールバイトが連発。確実に掛ける為にハッスルトラッド501のループノットフックセッティング!そういう準備をすると出会いがあるもんですね。 明らかにデカイ魚影のチェイス!掛かった時の事を考えラインを結び直してキャスト…小刻みにトゥイッチを入れてポーズ…重いバイトからアンバサダーのドラグ音がカリカリ鳴り、ハイパーブレイクがブン曲がりますw焦りはなく落ち着いてランディング出来ました。それは、今シーズン使い込んだタックルに自信が持てていたからだと思います。カスケットタックルさまさまです♪サイズも38cmと満足過ぎるサイズ!この勢いで山女魚もといきたいですが、どうなんですかね〜w残りシーズン出会いがある事を期待します! ロッド:ハイパーブレイク51MLT
ボロンハンドル(ターコイズマイカ)
リール:アブガルシア アンバサダー2601C IAR
ライン:カスケット トラウトプラッキング4lb
ネット:コンクルージョン(ブラックマイカ)
ルアー:カスケット ハッスルトラッド501(セルタチャート)
(てしまよりコメント) 昨年もたくさんのご投稿ありがとうございます。インスタグラムでも漆田さまのグリーンで統一されたタックルを度々拝見しては自分の釣果のように喜んでおります。今年もどんどん釣ってくださいませ!
Hustletrad|ハッスルトラッド 今年、初の尺ヤマメはハッスルトラッド501でした。流れが複雑で直アップにも投げざるを得ない場面で1フックの501はエラーを起こさないのでとてもよく結ぶミノーです。小場所で何度もテーブルターンを決めるので、とても誘いやすい。対して502は少々ゆったり目の本流っぽい渓流のアップクロスでもよじるようなウオブロールが決まりやすく細かく渓魚を誘うのに向いていると思います。 502をあえてお腹フックなし、リアフックのみの1フックで使うこともあります。この場合、ボディ全長が少しあるおかげで501よりもスライド幅のあるターンをして、渓魚へのアピールが変わることが分かってきました。捕食スイッチの入りにくい魚に有効です。しかし暴れるやすいセッティングになるため、注意深く、もちろん偏光レンズ越しにタナと位置を見ながら操作すると、より釣果を伸ばせると思いますので、是非お試しください。 水温も上がって、渓魚の色もよくなってきました。さて、本日のハッスルトラッド販売は夕方19時以降に公開を予定しています。

【おまとめ発送サービス廃止のお知らせ】
なお、本日より複数回に渡ってのご注文をおまとめするサービスを廃止させて頂きます。少ない人数で作業しており、カート決済のコンピュータ計算により、スタッフの作業負担を減らすはずが、かえってミスを起こしやすくなるため、今後は長期取り置きや、おまとめ発送はしない方針としましたので、ご注文の際は注意くださいますようお願い致します。*カーペンター製品のご注文の場合も同様です。
昨年のオフシーズンからカスケットのトラウトロッドブランクをお買い上げの方に進呈のお約束をしていたハッスルトラッド(非売品)がようやく出来ました。ついに完成のそれはアワビ貝を内部に備えたアバロン・ハッスルトラッド。クリアボディであることを最大限に生かしたウッドでは出せない境地のカラーです。まさに切り札的に使っていただきたいハッスルトラッド。微細な調色では職人を大いに悩ませました。この場を借りてワガママを聞いてくれてありがとう。ご苦労様でした。

さて、プレゼント・ハッスルトラッド配布に先立って、実は来週の月曜日にハッスルトラッドを販売いたします。プレゼント対象の方の多くが通常販売のハッスルトラッドもお待ちいただいているかと思いますので、こちらの販売品の受付後にまとめて発送させていただきます。もちろんプレゼント対象の方は今回ご注文いただければ送料は無料です。少しお待ち頂ければ幸いです。それでは皆様も良い週末を!

2018/04/19若松様の投稿2017

カスケット ユーザー投稿

Looking back upon happy stream day ! : WAKAMATSU RYOUTAROU(2017′)
釣行にてトリプル3での初の尺上との出逢いがありましたのでご報告させていただきます。纏まった雨が降り止んだタイミングを見て以前から気になっていた初場所の渓流へ釣行しました。飽きない程度に魚たちは高反応、暫く遡上していき落ち込みからの強い流れにハッスルトラッドを流していきピンを通過するとともにひったくるような強めのバイトがありました。 少し慌ててしまいましたがRB55MSでフッキングも決まり、魚の引きに合わせて綺麗に曲がってくれ魚に主導権を与えずランディング出来ました。トラウトプラッギンとのバランスもすごくお気に入りです。カスケットさんのタックルを使わせてもらってから良い魚との出逢いが多くなった気がします。素晴らしいタックルは魚運も齎すのでしょうか?(笑)長文失礼しました。 ロッド レボリューションRB55MS
ライン トラウトプラッギン5lb
ルアー ハッスルトラッド502

(てしまよりコメント)
若松様、尺ヤマメおめでとうございました。レボリューションブランクとナイロンラインの好相性は私も同感です。ぜひ皆さんにも試していただきたいセッティングです。

本日の道具