ホーム >>  ニュース(総合ブログ) >>  2500c   過去ニュース(2018/3以前)はこちら

【お知らせ】 当店の店頭販売は土曜日と祝日のみです。平日のご訪問は前日までのご予約が必要です。日曜定休(カレンダー参照)

NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
プライスダウン

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧

NEWS

営業カレンダー

2019/10/17

H.teshima

Looking back upon happy stream day!(お客様からのご投稿です。) お名前: 新山達也様
ロッド: アルセドクライマーACB51MLT
リール: アンバサダー2500c iar(カスケット品)
ルアー: ハッスルトラッド502 アバロン
ランディングネット: コンクルージョン 黒柿瘤 葡萄杢
ライン: トラウトプラッギング5lb
コメント: いつもお世話になっております、新山です。渓流最終日という事もありいつもより早起きして出発です、が車のエンジンがかからず妻から車を借りました笑
徒歩と高巻きで3時間かけ釣り場へ、そこはイワナのパラダイスでした!こちらでは紅葉も色付き、落ち葉と渓魚で最終日に相応しい最高の景色を見れました、感無量です!
てしまより:新山様、ご投稿ありがとうございます。秋のフォトジェニック賞を授与いたします!っと言いたくなる素敵な写真の数々です。最盛期の紅葉の渓流は九州では楽しむことができない世界ですから、フォトアングラーとして憧れも感じます。またどうぞよろしくお願いします。

2019/09/17

H.teshima

Looking back upon happy stream day! 道具を緑に拘る、漆田様からのご投稿です。今年の最後にこんなヤマメで締めくくることができたらさぞ幸せに冬を過ごせますね。 この時のルアーがハッッスルトラッド502、そしてまさにこのカラーを今回塗っております。アピールが強いフラッシングに秋のヤマメはイラっと、ガブッとするのかもしれませぬ。 今回の発注に関して、複数回に分けて発注はご遠慮ください。もし複数回に渡った場合、今回は*諸事情あり、おまとめ発送に対応できません。(*先のブランク発注のご返信作業が未完了のため、他。)

本日の道具

ロッド:マークスパイダー51MLT
リール:アンバサダー2500C
ルアー:ハッスルトラッド502
ランディングネット:コンクルージョン26
ライン:トラウトプラッキング4LB
コメント:カスケットの皆さんいつもお世話になっております。また、ハッスルトラッド502にて思い出に残る印象的なヤマメに出逢えたのでご報告です!今回は、ホームの里川でパーマークも美しく、鮮やかに色づきはじめたヤマメの尺上です。ここ数日、雨が降った事で渇ききった川を潤してくれたのか、今まで渇水によりテンションが低かったとは思えないほどパワフルなチェイスからハッスルに猛バイト!ファイトも強烈な首振りからの足下でのローリング(汗)こっちはバレるなと願うばかり。釣り上げた瞬間、この魚との出逢いを待っていただけに「今期が終わった…」と思ってしまったくらい満足すぎる魚に見とれました。タックルの個性に負けないくらいの山女魚。この遺伝子をしっかり次の世代に受け継いでほしいと願いながらリリースしました。 漆田様、いつもありがとうございます。このハッスルトラッドは殿堂入りにして、この機会に補充くださいね!

新作帽子の発表は明日または本日夕方に準備ができれば行います。(半・受注生産)

2019/09/10

H.teshima

来年、マークスパイダー49発売の記念品として企画しているイラストデザイン。ボロンハンドルにアンバサダー。とりあえず文字はそのままで問題が発生してはいけないので、、、、ABF/STREAM(Ambassadeur Bait casting Freak)、Amberfisher(琥珀の釣り師?)、2020C(2020年Casket)とややパロっております。通称、STREAM TRIGGER (渓流の安全なトリガー)またはABFステッカーとでも言っておきましょうか。


MSB49ML(1&Half)販売も進めております。ここで改めて5ftブランクスの相対図を追加と改変をしました。投げている方には「うむうむ」としてうなづいていただけるかと思います。個人主観もありますので、「心地いい」という部分の表記については、あくまで目安としてくださいませ。さて本日はパスワードキー発の初のボロンハンドル販売会、よろしくお願いします。

セールにするのが惜しい夏アイテムや廃番品を放出します。どれもカスケットセレクトですから間違いありません。ぜひこの機会にご覧下さい。個人的に「涙のセール」と名付けております。宣伝不足で売れなかったアイテム、本当に惜しい、悔しい・・・(涙)
ハーフパンツはどれもシルエットがよく、これから使えるフリースパンツもオススメです。

2019/08/21

H.teshima

ABUとトラウトの蜜月は今に始まったことではありません。しかし渓流用の小型ミノーを自在にキャストできるようにしたのは、日本の(アベイルの)技術力と発想、そして行動力だったと思います。 このおかげで僕らの渓流スタイルにマークスパイダー(ボロンハンドル)とアンバサダー、そして渓魚というゾクゾクするような新風景が加わったのです。

アベイルのチューニングパーツは毎週のように補充しています。ご自身でチューニングされる方は大いにやってください。お預かりするチューニングサービスはお待ちの台数が多くて、新規のチューニング依頼はお断りしている状態です。10月には解消したいと思っています。申し訳ありません。 さて、陽光に差し出された夏山女魚は漆田様の投稿です。漆田様、オールカスケットタックルな釣果投稿ありがとうございます。大変嬉しく拝見していました。禁漁まであと少しとなりましたが、皆様も2019年の渓流を最後まで楽しんで参りましょう。
お名前:漆田様
ロッド:マークスパイダー51MLT
リール:アンバサダー2500C
ルアー:トラッド50SHS
ランディングネット:コンクルージョン26
ライン:トラウトプラッキング4LB
コメント:カスケットの皆さん。いつもお世話になっております。流れが早い瀬を攻略するためにトラッド50SHSで飛び出ないように誘いを入れて喰わせたヤマメです!泣き尺って所が自分らしいwこれから調子を上げていければって感じですかね~また、釣れたら報告しますね。


ランディングネット、コンクルージョンの8月販売は23日で準備が整いそうです。時間などは今回予告しないつもりでございます。「尺ヤマメもネットを買うのも運!?」と言われそうですが、、、そ、そうです(汗)

2019/07/24

H.teshima

僕が渓流の現場に持っていくタックルバッグです。手は一つしかないのにね・・・(苦笑) 「はじめて投げるけど最初に試すセッティングはどのくらいですか?」とよく聞かれるので僕のセッティングを紹介します。 まずキャスコン(左サイドプレートのダイアル)はスプールが左右にカタカタと動かなくなるギリギリのセッティングで止めて、ここを「ゼロ目盛」に合わせます。ここがすべての基本です。バスフィッシングでは重いルアーや空気抵抗のあるルアーなど様々な場合はキャスコンを微妙に締めたり緩めたりして調整しますが渓流での3.5〜5g程度のルアーではこのゼロ目盛を動かさずに投げています。 安定したキャストを支えるのはブレーキシステムですが、僕はマグネット派です。遠心ブレーキを使わない理由は濡れた時の復活が早いように思うからです。写真のリールは1500Cです。スプールは1520R。マグネットは3.5mmを3個。僕の振り加減、力加減だと着水のタイミングはこのくらいがロングキャストもショートキャストもちょうど良い加減です。(もしくは4.0mm2個、3.5mm1個でも良いかも) 万一、現場で調整が必要になった時のセットも入れています。中身はこんな感じ。 さらにカスケットのボロンハンドルを使ってくださっている方は付属のシリコンゴムを一箇所挟んでもらうと釣りの最中に緩みません。締めすぎには注意ください。木部にフットが食い込んで取れにくくなる時があります。(よほど取れない時はフットのスライドバンドを手またはゴムハンマーで軽く叩くと傷もつかずにするっと取れます。) 欠品だったアベイルパーツなど再入荷しています。詳しくはこちら